拡散と収縮を意識する パート??


2017/07/22
fc2blog_2016082018123114c.jpg
▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ


最近はブログを更新するたび、「あっという間に毎日が過ぎてしまった」と書いている気がします。

…ええ、今回もそうでした。
気がついたら、海の日も過ぎてしまった…

今回は、最近の気づきと、心のエネルギーの使い方について、書いてみようと思います(^-^)




以前ほどブログを更新できなくなったことを、モヤモヤっと感じる反面、無理して書かない自分に大きな進歩を感じてもいます。

今まで、「無理してブログを書いている」なんて自覚はなかったし、今でもそんなつもりはありません。一方で、ブログを書くことで、自分が思う以上のエネルギーを使っていることが、はっきりとわかりました。その結果、本来進めたいと思っているテーマの進捗が滞っていることも。

それに気づいたことで、「今、ブログ書きたいの? 本当に最優先にしたいのは、ブログを書くこと?」と自らに問いかけることができるようになりました。ようやく、心の底で望んでいる優先順位を、感じ取って選べるようになってきたみたいです。



好きなことをやっていると、エネルギーは無限にわいてくるものだ。

ついつい、そう思っちゃうんですよね。実際、ものすごいエネルギーがわいてきて、ビックリするようなことができちゃうときもあるから、何かと「盛りがち」になります。


本当に、「これをやってれば、寝なくても平気!」な人は、いるかもしれません。

…でも、私は違うみたいです。少なくとも、今は。


オリジナルテキストの制作とか、事務所づくりとか、連続クラスとか、定期的なエネルギーワークとか、メルマガとか…喜びを感じることを、キッチリ仕事として回していくのなら、自然と、優先順位が現われます。

書いてしまえば、ごくごく当たり前のことなんですが、実感が甘かったなあ…。


必要なことに必要なだけのエネルギーを回せば、もっと早く、スムーズに終わったであろうことを、かなり停滞させてしまったなあ、と感じています。しみじみこれがわかっただけでも、大収穫だわ。




ブログやメルマガ、もしかしたら、エネルギーワークのフィードバックメールか何かで、「拡散と収縮を意識する」という話を書きました。


物事には、外に向かって広げていく拡散の時期と、ある指針を決め、それに沿ってまとめ上げていく収縮の時期があるんですよね。そのリズムは、中長期的なものから、短期的なもの、それこそ数分単位のものまでさまざまです。

中長期的に見れば、拡散の時期だけど、今は一時的に収束させる時期…なんてのも、あるしね。

今がどちらのリズムなのかを意識すると、小さなことに一喜一憂したり、無駄な思考を働かせることなく、目の前のことに集中していけるようになります。


逆にいうと、それを意識していないがゆえに、なんかスッキリしない、いつまで経っても進んでいる気がしない、なんだか常に忙しい、といった感覚を覚えることがあります。




私的に「あるある」なのが、ワクワクミーティング系。
何度も会って話が盛り上がり、夢膨らんだはずなのに、気がついたら、必要なことが何も決まっていないし、実際には何も進んでいない、というパターンです。

かつて、組織のなかでトラブルプロジェクトを立て直していた頃や、ビジネスプレゼン大会を支えるボランティアをしていた頃に、よく見かけた光景です。

思いや構想、理想を語り合うのは、本当に楽しい。仲間とそれを共有することで、できた気になるのも大切。でも、実際のプロジェクトは、いつまでに誰が何をするかを決め、それをやらないと、いつまで経っても進展しません。


これは、収縮させずに、ひたすら拡散しまくったことで起きる現象です。

広げた風呂敷は、毎回キチっとたたまないとね。




一方で、収縮させてばかりいることで、停滞する例もあるんです。

代表的なのは、何か新しいことをしようとするとき、さきに実現方法ばかりを考えてしまうために、「何をやってもうまくいかない気がする」と思い込んでしまう事例。

新しい着想について、その道の専門家に話を聞きに行ったときにも、よく起こる事例です。


今までにはなかった新しい物事を、過去の体験や事例に基づいて考えようとすると、うまくいかない可能性ばかりが見つかるものです。そうした可能性を本気にすると、当然、気持ちも沈みます。最悪、本当はできる方法があるのに、それに気づく前に諦めてしまうこともあるでしょう。

ゆえに、新しい物事に手をつけるときや、いろいろな可能性を検討していくときには、「期間や時間を決めて」、ひたすらアイデアを拡散させていくといいんですよね。拡散を阻む要因に気づいたら、華麗にわきに置くことも大事。

そうすることで、気持ちも明るくなるし、思いがけないアイデアが生まれたり、画期的な実現方法を思いついたりする可能性が高まります。





…自分で書いたテキストの復習をしてしまった…
『奇跡のコース』に、「人は習いたいことを教える」という記述があるけど、ホントにその通りだ。


話を自分のテーマに戻すと、今の私は、拡散・収縮でいうと、収縮の時期にあります。拡散の時期に体験したことを、集約・精錬させながら、まとめ上げていく時期。

拡散の時期は、手あたり次第、気の向くままに動けばいいけれど、収束の時期は、ある程度腰を据えないといけません。適度にガス抜きをしながら(=拡散の時期をはさみながら)、一定のペースでテーマに取り組めるよう、自分を整えていくのも大事。


書いてしまえば、当たり前のことなんですが、ついつい微妙なさじ加減を狂わせて、やらかしてしまいます(笑)



もうすぐ新月。
縁ある人とご一緒する一斉エネルギーチューニングで、自分自身のエネルギーも整えます(^-^)

今回のテーマは「印象的な夏にしよう!」なのだ。

うん、いい夏にしよう!

comment (0) @ コソ練メニュー

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を、仕事・事業・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。