FC2ブログ

決断・選択できるのは、常に「今この瞬間」しかない


2012/06/01
どいちゃんの腕時計、語る
20120601a.jpg

オウ!! 来たか。残念だが、オレは男だ。
あんまり甘やかすと、ヤツ(どいちゃんのことと思われます)は油断するからな。
あまりに無鉄砲に生きすぎるんだよ。
だからオレがちゃんと見ててやらないと。

ヤツはネ、もっと自分に優しく生きてもいいんだよ。
でも、なかなかそれができないんだな。
多分、習い性なんだろうね。
ずっとずっと、自分よりも他人のことばっかり考えてきたから。

他人のこと心配するあまり、他人の病気や災難まで引き取ってやってるんだから。
オレから見たら、もうそろそろ自分のこと真剣に考えたらって感じだよ。

そうは言ってもネ、ヤツがそういう男だから、オレも真剣に守ってやろう!!って気になるわけ。
ちゃらんぽらんな男だったら、オレだってただの時計として、のんきに針を動かしていたと思うよ。

オレは、時計であって時計じゃないの。
彼の案内役なの。
彼が本当に自分の人生を生き始めるまで、オレが尻をたたいてやらないと。
それまでオレは、壊れるわけにはいかないな。
オレもすごい真剣なの。

オレはねえ、見たいんだよ。
ヤツが、他人にしてやるように、自分にも優しくすることができたとき、何が起こるのか。
多分すごいことになると思うヨ。

今までよりもっと、ヤツはたくさんの人を目覚めさせることができる。
それが楽しみでならないんだ。
きっとそうなる!!ってわかっているから真剣になるし、待てるわけ。

ヤツが弟子たちを待っているように、オレもヤツのことを待つヨ~!!
こうなりゃ根比べだな。オレは負けないヨ。

まあ、オレが勝手に期待して待ってるだけだから、特に伝言はないな。
オレの期待が重荷になっても本意じゃないし。
そのへんは、ヤツと同じだよ。

ヤツが、他の人と同じように自分に優しくするまで、オレがこっそりヤツを見守ってるから。
ずっとずっと見てるから。

これからも、仲良くやろうな。
少しは早く寝ろよ。
こんなに楽しませてくれて、ありがとう。


君の人生のナビゲーターより。
2012.5.21.



このメッセージは、2012年5月21日に開催したイベントの開始時間前に書き取ったものです。
どいちゃんの前には、なべちゃんの成幸手帳からのメッセージ(→こちら)を聴いていました。

成幸手帳からのメッセージが恋する女性目線だったので、腕時計は???と期待して臨んだところ、ご覧の通りのキャラで登場されたわけです。

さて。
オレは時計であって時計じゃない、と豪語された腕時計さん。
このあたりについて、もう少し聞いてみました。


腕時計
「時間」ってのはな、お前さんたち全員が合意して作った幻想だ。
過去や未来は、お前さんたちが「ある」と思っているだけ。
本当は、「今この瞬間」しか存在していない。

ま、そのことが深ーく理解できれば、お前さんたちの悩みはたちどころに消えてしまうんだがな。

理解できたにせよ、理解できなかったにせよ、「時間」をうまく使って、お前さんたちの人生をより輝かせることはできる。そのときの案内役が、オレたち時計なんだよ。


その場にいた一同
ほぉ…。


腕時計
「自分にはあとどのくらい時間があるのだろうか」と問うことで、自分のありようや、行動のしかた、要は時間の使い方を見直せることもあるだろ?

オレたちは、そうした気づきの機会を生む手伝いができればいいと思ってる。
気づくか気づかないかは、お前さんたちの問題だがね。


その場にいた一同
なるほどなあ…。


腕時計
他人やそのほかの要因に流されたのではなく、意識的に「決めた」・「選んだ」って感覚が大切なんだよ。実際に決めた内容や選んだ内容は、さほど関係ない。

「自分自身の心に従って生きている」って感覚が大切なんだ。


その場にいた一同
はあ…。


腕時計
今この瞬間は刻一刻と消えていく。
だから、過去の決断・選択にとらわれる必要はない。

かといって、今この瞬間をおろそかにしていいってもんじゃないんだよ。
お前さんたちが合意した「時間」の世界では、一瞬一瞬の決断・選択の組み合わせが、結果として現象を創り出していく仕組みになっているのだから。

過去の決断・選択に後悔の念を覚えているのなら、悔んだり、嘆いたりするのをやめて、今この瞬間、別のものを選びなおせばいい。
ただ、それだけだよ。

焦ることはない。でも、先延ばしにする必要もないんだ。
お前さんたちが決断・選択できるのは、常に「今この瞬間」しかないのだから。

オレたちは、連続する「時間」を見せているのではなく、刻一刻と消えていく「今この一瞬」をお前さんたちに見せているんだよ。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 愛用品からの手紙 実例
わかったふりをしないこと。 | あなたのすばらしさは、私が誰よりも信じてる

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。