FC2ブログ

なーんだ、どっちも同じじゃないか。


2013/06/26
毎月第三火曜日の夜、都内で「ワークシートの会」なるものを開催しています。
2月からはじめて、今月で5回。

前回の記事にも書きましたが、ずーっとモヤっと感を抱きながら続けていたんです。素晴らしい参加者に恵まれて、毎回とっても楽しい時間が過ごせているにも関わらず…。
会が終わった後、ふと思うんです。

「で、自分、何やったんだ???」って。

ふふ、何かやりたかったんですね、私。


この辺りが、定期開催しているもう一つの場「グループリーディング会」とは大きく違うのだと思います。

グループリーディング会は、みなさんからのご質問に対する答えや、そのときその場にいる全員に必要な知恵を、直観で読み取り、引き出し、分かち合う場です。
このブログ的にいえば、ライブ版・真理さんとの対話。
奇跡のコース的にいえば、聖霊の導きを分かち合う場です。
#聖霊については、またのちほど。

真理さんの話は、自我モードの想像を超えたところからやってきますからねえ。
もう完全にお任せです。完全にお任せすることが最善であることを、体験から信頼できているので、私は考える必要がありません。
届いてきた声を、この身体を使って分かち合うだけ。

これが、自分の唯一の役割だと認識していますし、その役割を果たすのが本当に楽しい。グループリーディング会が終わった後は、心だけじゃなく、身体も元気になっちゃうくらいです。この状態が本来の姿なんだろうなあって、毎回感じています。


「それに比べて、ワークシートの会はどうよ?」

ずっとそんなふうに思っていました。
が、どうすれば自分が納得できるのか、さっぱりわからない。
なんで、考えるのをやめてしまいました(笑)。


ちょうど1週間前の6/18(火)、特にテーマも決めることなく、第5回ワークシートの会を開催しました。参加者にカードを引いてもらって話す順番を決め、それぞれの話を伺いながら、そのとき頭に浮かんできたことを話し、みなさんにも同じように過ごしてもらいました。リーディングをした方がいいな、と感じたら、リーディングもしてみたりして。成り行き任せもいいところ。そのうえ、なんだかてんこ盛り(笑)。

いつものように、とっても素敵な時間が創造できたけれど、会が終わった直後は、これまたいつものように、モヤっとしていました。途中の駅まで一緒に帰った友人に「今日もよかったわ~。」って言ってもらっても、いまひとつ(笑)。

立て続けに気づきが起こったのは、一夜明けてからでした。


前日のワークシートの会で、「これ、成り行きだから話しちゃいますけど…」という前置きから、心に深く響く話をシェアしてくださった方がいました。

変な話なのですが、私は「こんなこと、はじめて人に話しました。」という話を聞くことがよくあるんです。たぶん、子どものころからずっと。親や親戚から、(今思えば)子どもが受け止めるにはあまりに重たい話を、質問してもいないのに聞かされていましたし、友人から突然、(当時の自分にとっては)びっくりするような秘密を打ち明けられたこともありました。それこそ、話の成り行きで。

相手があまりにもさらっと話してくれるものだから、その瞬間は、それが相手にとってものすごく重要な秘密だったとは気づかないことがほとんどです。ま、その辺、鈍いんでしょうね、自分。気づいてないがゆえに、よかったこともありましたし、結果的に相手を悲しませることもありました。幼いころ、若いころは、こんなふうにして人から聞いた話を、自分の中でどう整理したらいいのかわからず、真剣に悩んでいたものです。


ここ数年、夢ややりたいことにまい進している経営者・起業家のお話を聞かせてもらう機会に恵まれ、ようやく、自分の特性に感謝できるようになりました。

何度もミーティングを重ねることで、彼らが、今まで人に話せなかった過去を解放し、今まで人に話せなかった本音を表現し、今まで人に話せなかった夢を堂々と語っていく姿を見せてもらえたからです。


こう書くと、なんだかとっても聞き上手みたいですね。
実際はちょっと違うと思います(笑)。

自覚はあまりないのですが、自分はきっと、ぶっちゃけ大王なんです。
言いたいこと言いまくり。

相手はきっと、「なおちんがそこまで言うなら…」ってな感じて、気を許してくれるのかな、と自己分析しています。自分では自分のこと、相当ええ恰好しいだと思っているのですが、傍から見ると、あまりそうではないみたい…。

きっと、こっちが「素」でいるから、相手も「素」でいてくれるのかもしれません。

人は「素」でいると、別の言い方をすれば、本来の周波数にチューニングされると、「その人を通して表現されるべきこと」がそのまま出てくるんだなって、体験的に感じています。


…でね、やっとつながったのですよ…。

「グループリーディング会」は、私を通して表現されるべきことがそのまま出てきている場なのだと。だから、あんなにも気持ちよく、楽しく、力に満ち溢れてしまうのだと。

「グループリーディング会」が、主に私を通して表現されるべきことを分かち合う場なのだとしたら、「ワークシートの会」は、参加者それぞれが、それぞれを通して表現されるべきことを分かち合う場…なんじゃないかな…。

なーんだ、どっちも同じじゃないか。

その人を通して表現されるべきことが、表現されるがままに表現される場を創る。
起こるべきことが、起こるべくして起こる場を創る。

自分のやろうとしていたことは、こういうことだったんだって、やっと腑に落ちました。

人の心には、起こるべくして起こることを何とかして邪魔しようとする力が働きます。そう、いわゆる自我の力です。

私がずっと「ワークシートの会は、自分がどうにかしなければ…。」と考えていたように、自我くんは、流れに乗るのを善しとせず、「自分で」何かを成し遂げようとします。
ま、そういう自我くんに力を与えているのも、自分なんですけどね(笑)。

みなさんと一緒に創る場で、私にできることがあるとしたら、こうした自我くんの働きに気づき、「起こるがままに起こる創造」を保護すること、そして「起こるがままに起こる創造」を信頼することだけなのだと思います。

あぁ、ようやく自分のやろうとしていることの本質が見えた(笑)。


「ワークシートの会」は、その人を通して表現されるべきことを、仕事・職場・働くことに結びつけて探求する場です。探求の手がかり・呼び水が、ワークシート。

 うわー、この人、こんな仕事始めたよ!
 うげ、こうなったかあ~。やられた!
 それにしても楽しそうだな。しかも、儲かってる(笑)。

私は、想像を超える創造に喜んだり、驚いたりする体験がしたいです。

なにも、起業したり、独立する必要はないと思うんです。
各自がそれぞれのプロセスの中で、幸せな職業人になっていく姿が見れればいい。
縁あって集まってくれたみなさんと、そうしたプロセスを一緒に分かち合っていくことが、本当に楽しみです。


前回のワークシートの会でね、私、みなさんにこんなこと言ったんです。

・今やろうとしている活動には、それぞれ位置づけ・狙いがあるはず。
 それを整理して、明文化してはいかがだろうか?

・大切なのは「意図」。
 自分はどんな体験がしたいのか、を決めるだけ。

・今まで無意識に提供してきた価値を、まず自分で受け取ること。
 それは、「自分は、こういう価値を生み出せるんだ!」という自覚をもつこと。
 自覚をもって意識的に価値を提供しようとするとき、
 人は、人知じゃ測れない追い風を受けるようになる。
 そのとき何が起こるのか、私は見たい。
 ワークシートの会で目指しているのは、ここ。

・何をするかもそうだけど、どんな思い・意図があるのかを知りたい。
 ただやってみたいだけ、でも構わない。ホントはそれしかないのだから。
 人は、それを思いついたあなた自身に愛を見て、惹かれるんじゃないかな。
 

…はい、これ、ぜーんぶ自分に言ってることです…。
あー、恥ずかしい(笑)。

誰かにお伝えすることで、自分が学ばせていただいているんですよね。
もう、どこまでいっても、そうですわ。

ってことで、久しぶりに、一人語りの記事を書いてみました。
あー、なんかものすごく時間かかっちゃった(笑)。

他にもいろいろ気づいたことがありましたが、この時点でも相当長文なので、ひとまずここで終わりにします。いつもお付き合いくださるみなさんに、心から感謝しています。
ありがとうございますm(_ _)m。

やっと腹が据わったので、「ワークシートの会」は今後も絶好調?で続けようと思います。
-------
あ、そうだ最後にもうひとつ。
奇跡のコースでいう聖霊について、現時点での自分なりの解釈を書いておきたいと思います。


聖霊とは、神(大いなる存在とか、無とか、空とか、真我とか…呼びようのないソレ)に代わって話す声です。基本的に、神は何も言いません。言う必要がないからです。

が、この世界で悩んだり苦しんだり、何かを知りたいと思っている私たちのことを、黙って放置しているわけではありません。そこで、この世界で起こっていることを題材に、私たちが真の自己に目覚めるよう手助けをする存在を創造しました。それが、聖霊です。

聖霊が目指していることはたった一つ、私たちが真の自己に目覚めることです。
しかし、決して無理強いはしません。私たちが聖霊の声を聞く気になっているとき、すなわち自我をあきらめて聖霊に道を譲ったときだけ、手を貸してくれるのです。そして、今置かれている環境での出来事を通じて、真理を体験できるよう導いてくれます。

聖霊は、一人一人の心に宿っています。私たちの心は本当はひとつしかありませんから、私たちは聖霊を分かち合っているとも言えるんです。聖霊は私たちから切り離された存在ではなく、本来の私たちそのものです。聖霊の声は、ハートが求める声、真心を反映する声として、知覚できるかもしれません。

「グループリーディング会」は、私を通してお伝えする聖霊の声を分かち合うことで、参加者お一人お一人が、ご自身の心にある聖霊の声を確かめる場です。日常の出来事や今向き合っているテーマを題材に、本来の姿を一緒に思い出していくことを意図しています。

ちなみに、今月のグループリーディング会は、6/30(日)11:00~横浜中華街で開催します。お知らせのページを作っていないので、興味をお持ちの方は、直接ご連絡くださいませ。よろしくお願いします!
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (2) @ 価値を表現する仕事
6月のグループリーディング会のお知らせ | 無敵の人生を楽しむワークシートの会【第五回】のご案内

comment

: ほったん @-
いつもありがトン

2013/06/26 Wed 13:20:00 URL
Re: タイトルなし : なおちん @-
> いつもありがトン

こちらこそ、ありがトン!
2013/06/26 Wed 18:59:24 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。