FC2ブログ

価値を分かち合う人でいる。


2013/07/04
グループリーディング会やワークシートの会など、分かち合いを目的とした場があること、そこに人が来てくださることは、気づきを分かち合う上でもよい刺激になります。個人セッションでのお話は、そうそう公開できないですからね。

ふだんなら「まいっか、いずれ消えちゃうものだし。」と流すようなトピックスについて、「これ、ブログに書いといてよ。」なんて言ってもらえると、少なくともここに、一人は読んでくれる人がいるんだから、書こうかな、と思えるわけで。背中をおしてもらって生きているんだな、とつくづく実感します。

というわけで、なんだかてんこ盛りだった6/30(日)のグループリーディングについて、今日は「ワークシートの会」的な視点で、シェアしてみたいと思います。


今回は友人とのマンツーマンだったので、時間的にとっても余裕がありました。
会場は、最近お気に入りの中国茶館。4月にはワークショップも開催したところです。
たまたまタイミングが合わず、このお店でのイベントに参加できずにいた友人は、ずいぶん楽しみにしていたようでした。

そこで、開店と同時に単品の中国茶を注文して茶器やお点前を楽しみ、途中で休日限定のランチセットを追加して、飲茶も楽しむことにしました。


facebookでは何回かシェアしていますが、このお店、とにかく茶器が素敵なんです。個人的には特に、ガラス茶器に淹れられた茶葉の景色がツボ。その感動を何とか形にしたくて写真を撮りまくるんだけど、感じたものの半分も表現しきれない。この日もまた、あーでもないこーでもない、と写真を撮りまくっていました。
当日のお写真は、こんな感じです。

20130704a.jpg20130704b.jpg
20130704d.jpg


夢中で写真を撮りまくる私のとなりで、友人は、お店の内装や家具をしげしげと眺めていました。このお店は、築数十年の店舗をリノベーションした物件です。木工やDIYが大好きで、娘さんの勉強机も手作りしたという友人には、ある意味たまらなかったらしく、いろいろ感じるものがあったようでした。

屋根裏の木材や梁・柱をむき出しにした仕立てについて、友人が店主に話しかけたところ、そこにもちゃんと思いやストーリがありました。

店主によると、この物件は戦後、満足に木材が手に入らなかった頃、限られた資源のなかで建てられたものなのだとか。たしかによく見ると、梁が丸材だったり角材だったりしますし、形の違ういろんな材木を継ぎ足して使っている部分もあります。継ぎ足しの仕上げも、決してキレイとは言えません。一方で昔の建物ですから、天井が高くて本当に気持ちいいんです。店主は、あえてこうした部分を活かすような内装にしたのだそうです。

改めて天井を眺めると、この物件の歴史について自然に思いが及びましたし、それをくみ取った店主のセンスや思いにも触れられた気がしました。こうした楽しみ方もあったんだなあ。

写真が一枚もないってことからもおわかりのように、内装は私にとって完全にアウト・オブ・眼中(←死語)、興味の対象外でした。友人が興味を持ち、店主と話をしてくれなければ、今感じている楽しさは味わうことができませんでした。



…でね、改めて思ったんです。価値は分かち合うものだ、と。

月一回開催しているワークシートの会では、「(商品・サービス・仕事の)価値とは、お客さまの幸せな体験」とご説明しています。

念のため言っておくと、ここでいう価値とは、その人の存在価値とは別次元の話です。人の存在価値はあるに決まってんだから、改めて確認する必要はないですし、何かをすることで確立する必要もありません。


店主の思い・意図は、このお店にあるすべてのものに表現されているのだと思います。
使用する茶葉、ブレンド茶の命名、食べ物のメニュー、家具調度品、内装、お客さまへの接し方、経営方針…ほかにももっとあるかもしれません。
(ワークショップの相談に伺った際、ほぼ初対面にも関わらず、この話題で2時間も話し込んでしまったほど。)


私は、飲み食いが好き。美しい料理や食材を見るのが好き。熱い思いをもって仕事をしている人の話を聞くのが好き、そして大好きなお店に誰かを連れていくのが好きです。なので、店主の思いや意図、すなわち「お客さまに喜んでもらいたい。」という気持ちを、見る・飲む・食べる・触れ合うといったアンテナで受け取っているのだと思います。

もし、飲み食いや、飲み食いをする場にさほど興味がなく、無関心な人だったら、店主が同じようにもてなしてくれたとしても、私のように大喜びはしないでしょう。

同様に、私にとってはノーマークだった内装の仕立ては、友人にとってはドストライク。その思いを伝え合うことで、友人・店主、そしてその場にいた私も、ほっこり幸せな気持ちになれました。


このことから、商品・サービスの価値は、お客さんが見出すものであるとわかりますし、お客さんのなかに「それを受け取る感性」がなければ受け取れないということもわかります。

そして、客である私たちが、「自分たちは、こんなふうに幸せになれた(=こういう価値を受け取った)」と伝えることで、店主もまた何かを受け取ることができます。自分の思いがそのまま伝わったと感じて喜ぶかもしれないし、自分では気づいていなかった価値が提供できていたことを知り、新たなアイデアが生まれるかもしれません。

受け取った価値を、客が分かち合うことで、店主は「自分が何を提供できたのか」を知り、自分の思いに確信をもつことができます。自分の商品・サービスをお客さんが喜んで買ってくれたとわかれば、送り手は確信と信頼をもって仕事に向き合うことができますよね。

うん、やっぱり、価値は分かち合いだ。←自己納得


相手から「何を受け取ったか?」を等身大に伝え合うことで、互いが「自分の」伝えたもの・分かち合ったものに気づき、確信と信頼を深めていく。

ワークシートの会で意図している体験は、これなんです。人には必ず「喜んで差し出したいもの」があるはず、それを誰かが喜んで受け取ってくれたら、分かち合いが生まれます。やりたいことの本質がつかめれば、実現方法や手法は無限にありますから。そこを得意としているコンサルも、世間にはたくさんいらっしゃいます。

この話、ビジネス畑ではある意味常識ですから、今さら私がどうこう…っもんでもありません。といいつつも、まだ書きたいから書いちゃいます。

この話をビジネスではなく、心の仕組みや奇跡のコースの視点から捉えると、やっぱり気づきがあるんです。もういい加減長くなってきたから、ポイントだけ。


喜びや楽しさや価値は、他の人やモノ・サービスのなかにあるのではなく、自分の心のなかにある。

自分が受け取りたいものを決めれば、他の人やモノ・サービスのなかにそれを見出し、受け取れる。

自分が何を教え、伝えたのかは、相手が教えてくれる。
そのことで、自分に気づき、確信を持てる。

モノは与えれば減るけれど、思い・価値は分かち合えば増えていく。
ただ拡張していくものだけが、愛であり、真の創造。


…。なんかこれ、ワークシートの会のテキストみたいだ(笑)。
再来月あたり、みなさんにお配りしてるかもなあ、忘れなければ。



6/30は結局、夜遅くまで飲んでしまい、最寄駅からタクシーで家まで帰りました。
ものすごく感じのいい運転手さんで、一日の最後をこんなふうに過ごせて嬉しいなあ、としみじみ。

その気持ちをふと伝えたくなって、「家までこんなに快適に送ってもらえるなんて、本当にありがたいです。」と言ったところ、運転手さんは「その言葉で、今日一日働いてよかった、と思えます。」と言ってくださいました。

…同じ気持ちだったんだ。思いが二人分に増えた(*^_^*)。

こんなことで喜んでいただけるのなら、私ゃいくらでも伝えるよ。
鏡のように、価値を伝える人でいよう。
ふと、そう思いました。


==============
air_rank.gif

もっとたくさんの人と、同じ思いを分かち合ってみたくなりました。
出会いの機会のひとつとして、ランキングに参加してみます。ドキドキ。
バナーをクリックすると、順位が上がる仕組みです。
よかったら、一枚かんでくださいませ。よろしくお願いします!

==============
▼ご案内▼
2013年7月のスケジュールは、こちらからご確認いただけます。

◆大人のコソ練をご一緒に。
 7月のグループリーディング会のお知らせ

◆幸せな働き方を探る場・ワークシートの会は第三火曜日。
 今月は7/16(火)19:00~東京駅近くで開催します。詳細はのちほど。

==============
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (2) @ 価値を表現する仕事
それがわかったら、今日も一日楽しくお過ごしなさい。 | この世界に愛を見出すために、あなたの知覚を使ってください。

comment

: ほったん @-
いつもありがトン

なんとなく導かれるように、
みています。

ありがとうございます。

2013/07/05 Fri 01:11:58 URL
Re: タイトルなし : なおちん @-
ほったん、こちらこそ、いつもありがとう!
そう言ってもらえることが、とっても嬉しいです。
チカラになります(^-^)
2013/07/07 Sun 21:24:37 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。