FC2ブログ

ミッキーは、ブームだからってふなっしーの真似しないでしょ?


2014/04/14
国道一号線から見た、富士山語る

先週末、桃の花見をしに、山梨へ向かったときのことです。
自分の楽しみの原点である、「内なるひとつを分かち合う」を思い出したことで、久しぶりにいろんなものに話しかけてみよう、と思い立ちました。

主人に「またやってごらんよ。」と促され、その気になってやってみたのです。
こういうとこは、ホントありがたい。

ちなみに、「わからないことは、わかる人に聞く」という分野において、主人は私の師匠です。本人まったく自覚ないけど(笑)。

この日は珍しく国道一号線を西に向かい、箱根を目指していました。
正面には、山頂の残雪が美しい富士山が見えます。手始めは…富士山だな。

-------

富士山
なおちん、おはようございまーす!
気をつけて、いってらっしゃーーーーい!!
(なぜか、ミッキーマウスの声)

なおちん
はぁ????
いきなりですか。しかも、ミッキー調。訳わかんないよ、何なんですか??

富士山
おっかしいなあ。喜んでもらえると思ったのに。

なおちん
…。

富士山
ミッキーは、ねずみ界で最も愛されている日本一でしょ?
自分は、山界で最も愛されている日本一。
ナンバーワン繋がりなわけよ、わかる?

なおちん
(笑)

富士山
何ごともね、その道のトップだからこそわかることがあるわけ。通じ合えることがあるわけよ。リスペクトですよ、リスペクト。

ほれ、ずーーーっと前にイチローが、ドラマ『古畑任三郎』に出たことあるでしょ?
それとおんなじ。

なおちん
ますます訳わかりません…。

富士山
そおか?? わかりやすいと思ったんだけど。

日本中にはさ、私の名前をもじった「○○富士」がたっくさんあるの。名前をパクられるって、愛されてる証拠なのよ~。

○○富士…を愛する人のなかにはさ、「(ご当地の)○○富士は、本物の富士山より姿が美しい」とか言い出す人もいるわけ。ま、たしかに、私とて、稜線がびっみょ~な角度もあるしね。トップアイドルだけど、撮ってほしくないアングルはあるわけさ。

なおちん
トップアイドル…なんだ。


富士山
そうよ~。自分、山界のトップアイドル。
だからさ、ときにはバッシングを食らうし、○○富士ってかたちで名前を語られることもあるわけ。

でもね、いくら○○富士と名乗ったって、彼らのほうが姿かたちが美しくたって、○○富士…は、通称にすぎない。彼らにはちゃんと本名があるでしょ? 本名が「富士山」なのは私だけ。本物は、私だけ。

だからあなたもね、そろそろ「うわ、またパクられたよ…。」っていう古いパターンとは、これを機にキレイさっぱりお別れすることね!

-------
そうなんです…。
古くは小学生のころから、自分が思いついて先に始めた(と思った)ことを、後から真似されることが、定期的に起こるんです。家庭科の課題とか、美術の課題とかね。ときには、ものすごくえげつない形でパクられた(と解釈している)体験もあります。

これ、人によっては、ものすごく名誉なこと、と感じられる体験なんですよね。だって、自分のアイデアややっていることが、誰かに真似されるくらい素晴らしいってことですから。

ところが自分は、どうしてもそう思えなくて。
この手の出来事が、自分にとっての被害者スイッチを絶妙~に押すんです。

最近は、ずいぶんと自分の知覚が変わってきて、以前のように「100%被害者」というドラマにハマることはなくなりましたし、過去の体験に対する感じ方もガラっと変わりました。実際、真似された!と感じる出来事も起こらなくなりましたしね。

とはいえ、真似されて嬉しい!って境地には、至らないわけで…。
その辺、どうなんです?、富士山…。

-------

富士山
もういいじゃない。
この話は、今度パクられたときに考えれば。

なおちん
あ、そっか。

富士山
「もし今度同じことが起こったら…」ってことは、今考えても無駄無駄。
だって、今のあなたでしか、対応を考えられないのだから。

そんなことより、今度始めるクラスとか、あなたのもとに来てくれるきょうだいたちをどう喜ばせるか?に、エネルギー使ったら?

そっちの方が断然、楽しいはずよ、あなたにとって。

そもそもあなた、あんまり悩むのに向いてないわよ。
自分では自分のことを「ついついぶきっちょに考える面倒くさいやつ」って思ってるでしょうけど、全っ然! ちょっと悩んだり、考え込んだくらいで、すぐ疲れちゃうじゃない、あなた。しかも、お腹が空くとみーんな面倒になるし、食べたらすぐ忘れるし。

いい加減、気づいたら? あんまり悩むのに向いてないって。


なおちん
…。なんかそう言われると、ちょっとなあ…。

富士山
念のため確認しとくけど、あなた、考えても無駄なことで悩みたいの?

なおちん
悩みたくないです。

富士山
それでよし! 
じゃあ、これからは考えても仕方ないことを考えたりしないこと。

なおちん
…はい。
…そうだよ、そうだよ。
悩むのって、やめようと思った瞬間、やめられるんだった(笑)。

富士山
そおよ~。
あなたたちは、「今後こうなったら、この悩みは消える」と思い込んでるけど、悩みは悩むのをやめた瞬間、消えるのよ~。みんなそれに気づいてないだけ。

なおちん
そおだね(笑)。
悩みや思考は止められないって、心のどこかで思ってたけど、違うよね。
やーめた!って思ったら、即、やめられる。

それにさ、「やめられないじゃん!」という思いをずーーーっと見ていくと、「実はやめたくない」って思いが見つかったりするんだよね。それならそれで、したいようにしてるんだから、オッケー。何も問題ない。


富士山
だからね。まずは、自分のエネルギーの無駄遣いをよーく見つめて、余計なことはさっさとやめちゃいなさい。「ずっと続ける」のと同じくらい、「すぐやめる」のも大切なことよ。

ナンバーワンがナンバーワンなのはね、本質でないものをとことんそぎ落としたうえで、本質だけをずっと続けてきたから、ナンバーワンなのよ。

ミッキーは、ブームだからってふなっしーの真似しないでしょ?
ミッキーなりのあのスタンスを貫き通してきただけ。

私もそう。富士山として、ただここにいるだけ。人が私をどう評価しようと、ただここにいるだけ。


なおちん
そうだね…。
でもさ、ナンバーワンって言葉に、ちょっとした引っ掛かりを感じるんだよ。うっすら競争をほうふつするっていうか…。あー…!!!って、それ???

富士山
やっと気づいたわね。
ミッキーは、似たようなネズミや他のキャラクターと競争したりしないでしょ?

なおちん
うん(笑)、ミッキーのライバルなんて見たことない。
富士山だって、○○富士と競争してるわけじゃないよね。

富士山
そうよ、その通り。
ただ自分として、自分以外のものを見分けて、そぎ落としているだけよ。

なおちん
シンプルだね。

富士山
そ、シンプル。
そうでないと疲れちゃって、長いことナンバーワンなんてできないわよ。

自分でい続けることに少しでも疲れを感じたら、見直しをするチャンスよ。どこかで自分に合わないものがあるから、それを丁寧に見出して、切り離すこと。
ただそれだけよ。やり方もシンプル。

なおちん
(*^_^*)

富士山
今日の講義はこれまで、ね。
またいらっしゃい。あなたが次のプロセスに入ったとき、ちゃんと教えてあげるから。

なおちん
ありがとう♪

富士山
まずは今日の話を実践することね。続きはそれからよ。

なおちん
うん(*^▽^*)

-------

またひとつ、コソ練のネタが増えました。
富士山見るたびに、思い出せそうです。
ありがとうよ~。


お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 真理さんは万物に宿る
確実に耳を傾けてくれる、とわかるとな、そっりゃー気合入るよ。 | 神さま自販機パート3: 予告配送商品

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。