FC2ブログ

今年は、きっと拡げる年。


2015/01/23
昨年末、ひょんなことから出産を間近に控えた女性の個人セッションをすることになりました。単発での個人セッションは行っていないのですが、不思議なご縁での出会いでしたので、特別メニューでお引き受けしました。

例によって、セッションは大爆笑の連続、この世デビューを控えたお腹の赤ちゃんや、彼を見守る彼女の子宮の声を聞きつつ、しばし幸せな時間をご一緒しました。当時の彼女の体調は、一般的には楽観視できるものではありませんでしたが、このセッションを通じて、どんなときでも心を喜びで満たすことができる、と思い出させてもらった気がします。

今日彼女から「無事に生まれました」とのご報告をいただきました。
言葉にできないくらい嬉しくて、いただいたメールや、添付されてきた息子さんのお写真を、それこそ穴が開くくらい何度も眺めてしまいました。嬉しさのあまり、PCが壊れなくてよかった(笑)

セッションの日、まだお腹にいた息子さんは、こんなことを言っていました。
「僕はこの家のスターだからね。たくさんの人に祝ってもらえるタイミングで、デビューする」

事前予告通り?、お正月、ご家族全員が実家に集まっている日に、息子さんはこの世デビューを果たしました。ご報告メールに添付された彼のお顔が、ほんのりドヤ顔に見えました。

絶対大丈夫だ!と信じていたし、そういう設定でいたけれど、無事に生まれたお顔を見せてもらえると、やっぱり安心します。しみじみ嬉しい。



一年前、個人セッションのメニューを刷新したタイミングで、単発セッションを廃止しました。それまでの活動を通じ、人生を根底から覆していくためには、継続的な取り組みが必須だと実感したからです。ブログのタイトルを「心のコソ練」に変えたのも、同じ思いからです。この思いは今も変わりません。

自分の中ではかなり尖がった方向転換をしてから一年、実際に動いてみることで、一年前には見えなかったものが見えてきました。同時に、一年前、手のひらにギュッと握りしめていたものが、みるみる小さくなっていきました。今では何を握りしめていたのか、思い出せないくらいです。

年末年始にかけて大きな気づきが重なり、根拠のない確信と信頼がまた強まりました。信頼と確信が重く大きくなるほど、心が軽やかになるから不思議です。去年いろいろやってきたことを整理して、今の自分が心地よく感じられる形に組み直そう。自然とそんな思いがわいてきました。

その具体的な活動として、セッションメニューの見直しを図っていた矢先、冒頭のご報告がありました。
ここ数日の出来事を併せて振り返ると、「大丈夫、こっちでオッケーだよ」と言ってもらえている気がしています。自分でもうっすら感じていたことに、確信を持たせてもらっているみたいで嬉しい。


今年に入ってから「徹底的に待つ」という練習をしています(いや、させられております)。

川は、何もしなければ自然に上流から下流へと流れていくもの。ずかずかと川に入り込んで流れをつかもうとしたり、自分一人の思い込みで勝手に流れを作ろうとしなければ、本来あるべき方向へ自然に流れていきます。
何もせずただ川の中にいて静かにしていれば、肌で流れを感じとり、自然に乗っていけるのかもしれない。
「徹底的に待つ」という意味が、今ほんの少しだけわかる気がします。


振り返ると去年は、試行錯誤と確認の年だったように思います。今年は、きっと拡げる年。
ふだんは書くことのない、こうしたとりとめのない思いも、「拡げる」の第一歩なのかもしれません。

今取り組んでいることがお見せできる形になったら、一つずつ拡げていきます。今後とも、おつきあい下さいますよう、よろしくお願いします(^-^)
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ ヒーラーという仕事
うちなるひとつの声を分かち合う | 実際に行きたいところに行くためには、君が車を運転しないとね。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。