FC2ブログ

事業の価値とは、お客さまの幸せな体験。


2015/03/23
先日、齢47にして初めての体験をしました。
生まれて初めて、ケーキ屋さんで、
ケーキをひとつだけ買ったのです。

私は独身時代ずっと実家にいて、そのまま結婚して家を出ました。
そう、一人で暮らしたことがないのですよね。
もともと家ではケーキをほとんど食べませんし、
たまに買いたいと思うときは、主人の分も買います。
ゆえに、ケーキをひとつだけ買う、
という経験がないまま、今日に至りました(笑)


家にいるとケーキを食べたいと思わないのに、
外に出ると、ときどき無性に食べたくなります。
先日も、そうでした。

その日は、午後と夜にグループリーディング会を予定しており、
間に2時間ほどの空きがありました。
その時間にオフィスの会議室で夕飯を済まそうと、
デパ地下にお弁当を買いに行ったところ、
鮮やかなケーキが目に入ったのです。

うーん、今日はどうしても食べたい気分だ。

そう思ったとき初めて、ケーキをひとつだけ買う、
という経験がなかったことに気づきました。


ややや。
下さい、といえば
売ってもらえるのはわかっています。
なのに、なぜかソワソワしている自分。
…ちょっと可愛いじゃねえか。


それでも食欲には勝てず、
スコスコと千疋屋のショーケースに向かいました。
ちょうどお客は私一人だけ、よっしゃ、今だ!(笑)

「あ、あの…フルーツプリン、一個だけでもいいですか?」

ちょっとビビりつつ、店員さんに声をかけると、

「もちろんですよ♪」

と、想像以上に温かな答えが返ってきました。
そして、ケーキがひとつだけ入る小さな箱を組み立て、
ご所望のフルーツプリンを入れてくれました。


な、なぬ???
お江戸のケーキ屋には、こんな可愛らしい箱があるのか⁈

私がふだん利用しているのは、
郊外の住宅街にあるケーキ屋さんばかりです。
お客さんのほとんどはファミリー層、
ゆえにケーキを入れる箱もそれなりの大きさしか
見たことがありませんでした。


お一人様用のケーキ箱をガン見した挙句、
気がついたら、思っていることがそのまま言葉になっていました。

「うわ、こんなに小ちゃな箱があるんですね!
なんと可愛らしい!(((o(*゚▽゚*)o)))」


たぶん20代後半であろう店員のお嬢さんは、
ニッコリ笑って答えてくれました。

「お一人でいらっしゃる方も、多いんですよ。
遠慮なさらず、
いつでも一つだけ買いにいらしてくださいね♪」

あーーーーーーー。
やられた。
…ノックアウトだ。


店員さんは、お一人様用の可愛らしい箱を、
これまた可愛らしいお一人様用の手提げ袋に入れました。
袋をそっと手渡し、私の準備が整ったのを見届けると、
その場にいた他の店員さんと一緒に、笑顔で送り出してくれました。

「ありがとうございました。
また、よろしくお願いします!」

ええ、ええ、また来ますとも!
ぜーーーったいに来ますからぁ~(≧∇≦)



片手にデパ地下のお弁当、もう一方の手に千疋屋の手提げ袋を携え、
私はノリノリでオフィスに戻りました。
たかだか数分の帰り道、なのに、この幸福感ってどうよ。

恐るべし、お一人様用紙袋…じゃない、
恐るべし、千疋屋!



オフィスに戻ってからのスイーツタイムもまた、
至福の極みでした。
フルーツプリンの美味しさはもちろん、
それを買って帰ってくるまでの時間すべてが、
自分を幸せにしてくれたのです。

私はさっき、ケーキを買いました。
ケーキとお金を交換してきたのです。

しかし、私が手にしたのはケーキだけではありません。
そして、私が手渡したのも、
お金だけではなかったと思うのです。

----------

そうだよ、そうだよ。
私が見たいビジネスの世界は、こんな世界。

この世界にある、すべての仕事で、
こんな世界が見たいんだ。

自分一人で見るだけじゃつまんない。
こういう世界を見たい人と一緒に見る。
こういう世界を作りたい人と一緒に作る。


ビジネスは幸せの分かち合い。
事業の価値とは、お客さまの幸せな体験。


かつて毎月開催していたワークシートの会で、
繰り返しお伝えしていた言葉が蘇ってきました。

ワークシート会、復活の日が近そうです。


お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 価値を表現する仕事
心が正気を失ってもオッケー。 | 結局ね、どっちでもいいんですよ。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。