FC2ブログ

そこに情熱があるのなら。


2015/04/03


先日、自宅の近所にある植物園へ、
春の花を撮りに行ってきました。

本来は、ガチで自宅作業するために、
1日空けていた日でした。
なんですが、抜けるような青空を見ていたら、
どうにも我慢できなくて。
つい、行っちまいました。

-------

自分でも信じられないくらいの瞬発力で出てきたものの、
撮り始めて30分ほどで、テンションが下がってきました。

何を撮っても、どうもピンとこないのです。
カメラの液晶画面を見つめると、
ありえないくらい残念な写真の数々が表示されます。

…自分、花の写真撮るのが、ホント下手くそだな。

しみじみそう思えてきて、凹むばかり。


空いているベンチを見つけて腰を下ろし、
がっくりため息をついたあと、ぼーっと辺りを見渡しました。

春休みの園内には、平日なのに、
たくさんの人が遊びに来ています。

うららかな春の陽気に、しばし溶け込んでいたら、
ふと、気づきが訪れました。


あちゃちゃ。
自分、「せっかくだから」にとり憑かれてたわ。


せっかくチューリップが咲いているんだから。
せっかく桜が満開なんだから。
せっかく桃も見られるのだから。

今撮らないと、次はないかもしれないから。
ここで撮らないと、あとで後悔するかもしれないから。


心の中が、そんな思いでいっぱいになっていて、
自分が今、どう感じているのかが、
すっかり後回しになっていました。

ホントにこの花をキレイだと感じて撮りたいのか。
それとも、あとで後悔したくない、
損した、と感じたくないから撮っているのか。

この辺り、自分にとってはすごく大切みたいです。
最近は、「とりあえず撮っておく」ことができなくなっちゃった。
心が動かないと、楽しく撮れない。


あー、正気に戻った。

私は、それまでカメラにつけていた広角レンズを
ふだん愛用しているマクロレンズに付け替えました。


この日は、チューリップや桜が咲いている風景を撮る、
と決めて、最初から広角レンズをつけてきていました。
「せっかくなんだから」広々とした風景を撮ろう、と
思っていたんです。

ところが。
いざ、そのレンズで、チューリップや桜のある風景を見ても、
心はちっとも動いていなかった。

そんなんで撮った写真ですから、
ピンと来なくて当たり前です。
そこには、気持ちが映っていないのだから。



この季節の見どころが何であろうが関係ない。
自分が撮りたい、と思うものだけを撮ろう。

そう思い直してから、俄然楽しくなりました。
今が見頃の花壇とは全然関係ない場所で、
次々と心惹かれるものを見つけ、夢中で撮り続けました。





気づけば4時間。あっという間でした。
カメラのバッテリーが切れるまで撮り続けたのは、
初めてです。


心に楽しい気持ちが戻ってきたら、
今が見頃のチューリップも、
なんとなく気にいるように撮れました。



せっかくだから。
今こうしないと、後悔するかもしれないから。

この思い自体が、悪いわけではありません。
大切なのは、この思いの奥に、何があるのか、
だと思います。


そこに、情熱があるのなら、
「どうしても、こうしたいんだ」という思いがあるのなら、
「せっかくだから」に突き動かされるのも、いい。

一方で。
そこに「あとで困ったことになりたくないから」という
思いしかないのなら、
その思いに突き動かされた結果生まれるのは、
やはり「あとで困ったことになりたくない」という思いだけ、
なのかもしれません。


ま、なんだかんだ言っても、
人は何ひとつ無駄なことをやらされてませんから、
究極、何でもいいんですがね。

絶対的に無事なことが保証されている中で、
あーだこーだと楽しめるのが、この世ワンダーランド。

本当に無事だ、とわかっているからこそ、
あーだこーだ言える。

あーだこーだ言った挙句にそれを思い出し、
ぽそっと正気に戻っているのでした。


お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 価値を表現する仕事
主役自体に魅力がなければ、台無し | コソ練はじめました(2) ~もっと自分に優しくなりたい~

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。