FC2ブログ

【ご感想】すごく自信をもらいました。


2015/05/05


私はあなたが大好きです。

だから、あなたに伝えたいのです。
私からの「ありがとう」を。

そして、知ってもらいたいのです。
私はいつでも、あなたの味方です、と。

   * * * 

モノ言わぬモノが伝える思いを言葉にしてお届けする企画、
「あなたの愛用品からの手紙」。
→詳しくはこちら。

音楽・写真・ダンスなど、あらゆる分野のアーティストからも
ご好評いただいています。


久しぶりに、この企画にいただいたご感想をシェアします。
今回ご感想を寄せてくださったのは、言葉にならない思いや、人から受け取ったインスピレーションを、絵で表現する女性アーティストです。彼女が小学生の時から愛用している、画板からのメッセージをお届けしました。

まずは、彼女のご感想をご覧くださいませ。

メッセージありがとうございました!!!

何度読んでも涙が出てきて・・・
ずっと、見ててくれたんだなぁと思うとすごく感動しました・・・(TT)

あれから、画板さんに「ありがとう」って言いました。

こっち側を見て書いてっていうのが笑っちゃいますね。笑
画板さんが言いたいことが十分伝わりました。

自分の感性を信じて、描いていけばいいんだって
すごく自信をもらいました。

直美さん、この度は本当にありがとうございました。

今が受けるタイミングだったんだなって、思います。

また機会があったらぜひよろしくお願いします。
これからもブログなど、楽しみにしています。

それでは^^



こちらこそ、ありがとうございます。
ご感想を読み返していたら、当時の感覚がハートによみがり、ウルウルしてしまいました。


この企画のお申込みの際には、愛用品のお写真もお送りいただいています。
彼女からは、画板の表面・裏面のお写真がそれぞれ届きました。

メッセージを書きとる際、2枚のお写真を交互に眺めていたら、「こっち側を見て書いて!」という声が聞こえたんです(笑)。ご感想の中で、彼女が触れているのは、このことです。

どうやら、赤いポケットと名札がついたほうのお写真をみてほしい、という意味だったみたい。こちらがきっと表面、外の世界にお見せする顔なのでしょうね。



ご希望通り、そちらの写真をじっと眺めていたら、眼鏡をかけた、品のよい女性の姿が見えてきました。
最初は、お母さん…かな?と思ったのです。
見守っている、育んでいる、といった印象を受けたので。

いざ話しかけてみると、お母さんとはちょっと違う、凛とした、こう…外で働いている人、といったエネルギーが伝わってきて、ようやく、「女の先生」なんだ、と気づきました。

愛用品からのメッセージを読みとるときはよく、こうしたことが起こります。そのものがもつエネルギーやキャラクターが、ヒトのイメージとして表現され、伝わってくるのですよね。これは私自身が何より楽しめる体験です。


彼女がずっと大切に使ってきたこの画板は、優しくて親しみにあふれた先生のように、彼女を見守り、育んできたのだと思います。そして、先生が生徒の成長をアルバムに残すように、彼女の心の歩みを、ひとつ残らず、覚えているのだ、と感じました。彼女が大人になり、姿や見た目、置かれた環境が変わっても、この画板はずっと、彼女の本質的なところを忘れないでいるのでしょうね。

私自身がこの画板から受け取ったのは、
「子どもの心でずっと、描きたい絵を描き続けてほしい」
というメッセージでした。
そこには、彼女の才能と可能性、未来を信じてやまない、温かな思いがこもっていました。


プロ・アマに限らず、何かを表現することに喜びを感じている人が使っているお道具は、間違いなく、その人を応援しています。やもすると、「私の力で、この人の才能を引き出してみせる」くらいに思っているんですよね。
愛用品の手紙では、ご本人と愛用のお道具にだけわかる言葉・伝え方で、お道具からの愛が綴られていきます。

私は、言葉を紡ぎだすための道具として、この身体をお貸ししているわけですが、毎回、とてつもない思いのおすそ分けをいただいて、これでもかってくらい満たされています。
…役得♪、役得♪


彼女がこれから、絵を通してたくさんの幸せを拡張していくのを、心から楽しみにしています。
幸せのおすそ分けをいただき、ありがとうございました。



モノ言わぬモノが語る癒しと励ましの世界へ。
→あなたの愛用品からの手紙 リターンズ!
→ご質問・お問合せなどは、こちらへ。
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

comment (0) @ 愛用品からの手紙 ご感想
「次はない」って、誰が決めたんでしょ? | 2015/05/04 今週の【裏】メッセージ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。