FC2ブログ

結局、ここでも地道な活動の積み重ね。


2015/08/04

▼コソ練メルマガやってます♪  詳細はこちらから

仕事柄、

・自分が本当に喜ぶことをして生きたい
・本当にやりたいことをやりたい

という方たちによくお会いします。

ヒーラーを名乗っていますけど、一般的なイメージでの「癒し」が目的でお会いする方はほとんどいません。このあたりは、自分の意図通りだなあ…と最近思います。



この記事でも書いたように、私があえてヒーラーと名乗るのには理由があるんです。
→なぜ、ヒーラーと名乗るのか(2015/01/30更新)

肝となる部分をちろっと抜粋しますね。
-------
目標を明確にし、モチベーションを高めていくのが、コーチ。
悩みや痛みの解決・癒しに寄り添っていくのが、カウンセラーやセラピスト。
課題に対して、具体的な対策・手法を提示・提案するのが、コンサルタント。

だとすると、目標のあるなし、悩みのあるなし、課題のあるなしに関わらず、心を平安と信頼に満ちた状態に調律するのが、ヒーラーです。もっと単純にいうと、ヒーラーの仕事は「心を正気に戻すこと」。

-------


心を正気に戻すことは、幸せな人生の「必須アイテム」(←死語w)だと、私は思います。

思考や感情にまかれた状態、すなわち心が正気を失っている状態で、何かを考えたり、何かをしても、心からの幸せを感じるのは難しい。ゆがんだ眼鏡で目の前のことを見て、壊れたセンサーでそれを感じようとしているのですから。

確認のため言っておくと、眼鏡がゆがんでいても、センサーが壊れていても、本来の私たちがゆがんだり、壊れているわけではありません。これを思い出すことも、正気に戻る手段のひとつです。



私にとって、「心を正気に戻す」ことは、手段であり目的でもあります。

究極のところ、毎瞬毎瞬、心が正気に戻れば、もうそれで十分だって思うんです。
そういう意味では、目的。

一方で、正気の心が生み出す奇跡を見たい、という願いも同時にあるんです。
そういう意味では、手段。


仕事の場ではたまに、「目的と手段を混同しないように」なーんて言いますが、自分の場合、究極に目指しているものはひとつなので、そこには目的・手段という区別はありません。
どちらもそうであるし、どちらもそうではない。


体験を伴った理解を生きていくと、言葉の上では相矛盾することも、同時に存在していることがわかるようになります。思考から離れて生きるメリットのひとつはこれかな。

矛盾を矛盾だと感じなくなるし、思考のなかで矛盾を解決しようという試みをしなくなる。ざっくりいうと、考えてもわからないことを考えなくなります。このことで、どれだけエネルギーロスを防いでいるか、測りしれません。


心をこうした状態に調律するお手伝いをするのも、私の仕事です。
これは短期間でインスタントにできることではないから、継続セッションや連続クラスで、あの手この手を使って、繰り返し練習していきます。


今定期的にお会いしている方々は、ずいぶん長いおつきあいになってきました。私が見る限り、みなさん毎日、ご機嫌にやっているみたいです。

人間ですから、心がずっと正気でいられるわけはなく(その状態を目指そうとするのが、自我の根強い誘惑)、いろんなことで心は動いて当然です。ただ、心を正気に戻す練習を繰り返していくと、正気を失った状態を長い間続けずに済みます。

これができる恩恵も測りしれない、と私は思います。




私は身をもって「正気の心」がもたらす恩恵を実感しているけれど、世間の人たちはどうなんだろ?

こんな地道な作業より、インスタントに幸せを味わえるメソッドや、目的・夢・癒し・問題解決・方法論など、見た世界を操作する手法に興味があるのかもしれないな。

長い間、そんなふうに思ってきました。


ところがどっこい(死語の世界パート2)。

同じことを考えている人は、ちゃんと他にもいるものです。
連続クラスのクラス生や、メルマガ読者からいただくコソ練報告を見ていますと、腰を据えて地道な練習に励む人が、こんなにもたくさんいたんだ!と驚かされます。

そうそう。
私はこうした人たちに出会いたかったし、そうした人たちが受け取ったものを分かち合いたかったし、そこでまた気づきの連鎖が生まれるのを見たかったんだ。


ここがまさに、意図した通り(*^_^*)。

なんかイイ感じになってきた!
いよいよだなあ。
今はそんなふうに思っています。




心を正気に戻す練習を重ねていくと、自分の本当の思いを等身大に受け取れるようになってきます。自然と「本当にやりたいこと」に気づく機会も増えてきます。

ただ、そこでの気づきは、「あれ?」「もしかして…」と感じるくらい、本当に小さくて繊細なものです。最初のうちは、「これこそ魂が望んでいたことだ!!!」的なテンションじゃなく、「なんとなく心惹かれる」といった場合も多いです。


本当にやりたいことをやっていく人生って、こうした小さな気づきの種をちゃんと受け取り、丁寧に育てていくプロセスだと私は思います。
結局、ここでも地道な活動の積み重ね。




いやね、「これこそ魂がっ…(以下略)」的なテンションで、何かがもたらされることもありますよ。もちろん私にもそうした瞬間はありました。

ですが、その思いを日常に定着させ、「やりたいことをやっている」という体験と自覚を継続的に生み出すには、日々、地道に取り組んでいくプロセスは欠かせません。


「魂が!!!(以下略)」的なテンションで続けていくのももちろんありです。

…私はパスだな。
疲れちゃうもん、毎日そんなノリでやってたら。


ちなみに。
「魂がっ!(以下略)」=「本当にやりたいこと」だと思い込んでいるがゆえに、目の前にある小さな気づきの種をスルーしたり、わざわざ自分で踏みつぶしたりしている人も、たまに見かけます。



8/3 PD Magazine 今週のメッセージでお伝えした「見える化」を、今日もまた、実践しています(*^_^*)
→何かを「見える」化してみましょう。
 

こうして書いていくと、「誰と」「どんな体験がしたいのか」がまたひとつ明確になりますね。そして、今自分がやっていることが「何のためなのか」も明確になります。

私はこれからも、仕事やビジネスを通して、小さな「やってみたい」の種に気づき、大切に育て、見守りあう場を作っていきます(*^_^*)。というか、私自身がそうした場でありつづけます。


なぜって? 

それは、正気の心・本来の私たち・神の子が創る奇跡を、この目で見たいからです。自我が支配しているように見える組織や会社、仕事やビジネスの世界でこそ、それを見てみたい。

縁あって出会うすべての人の人生の中に、奇跡を見たい。
奇跡を見た喜びと感動を、表現し、分かち合いたい。

このあたりは、ずっとブレないし、変わっていないな(笑)


…さて、と。
確認したところで、今日もまた地道な作業に戻るかな。
みなさん、おつきあいありがとうございました。


…見える化、相当おすすめですよ。
気が向いた方はぜひ。


▼心を正気に戻す練習はメルマガで。
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ ヒーラーという仕事
「いつかやってみたいこと」は、こんなふうに叶っていくようです。 | 2015/08/03 今週の【裏】メッセージ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。