FC2ブログ

遠足レポ: 自然食とプリン-王道を楽しむ一日。(後編)


2015/09/19

▼こころの健康は毎日のコソ練から。メルマガはこちら。

先日の湘南・横浜遠足セッションについてのレポート、後編です。
前編では、北鎌倉でのランチをご紹介しました。
→遠足レポ: 自然食とプリン-王道を楽しむ一日。(前編)

ちなみに、後編のあとにはおまけも書く予定です(*^_^*)

今回は、お茶とセッションで利用した、葉山のカフェをご紹介します。
自家製プリンで有名な、超絶おすすめカフェなのだ。



お茶&セッション : MAELOWE(マーロウ) 秋谷本店 (横須賀市)


葉山・プリンといったら、マーロウですよ。
葉山とプリン、同時に思い浮かべる人がどれだけいるかはわかんないけど(笑)

今回は私、気合を入れてプリンアラモードのセットにいたしました。大サービスてんこ盛りなプリンアラモードに、ドリンクがついてきます。紅茶とハーブティは、ポットサービスです。
セットでたしか、1,550円。


このプリンアラモード、20種類近くあるプリンの中から、好きなものを選べるのです。高いものだと900円のプリンとかありますから、ある意味、超~お得なメニューでもあります。

…なんですが。
私、ほとんど迷うことなく、スタンダードなカスタードプリンにいたしました。
ええ、ホント、シンプルなもの。
プリンアラモードを仕上げるには、これしかないだろう。

うっすら負けた気がして、仕方ないんですがね(笑)


写真でどのくらい伝わるかわかりませんが、マーロウのプリン、相当ビックサイズです。しかもこう…密度が濃いっていうか、食べ応えもハンパないのですな。このプリンアラモードも、直径20センチくらいのお皿に、どどーーーんと盛られています。
生クリームの後ろに、アイスクリームとバナナがあるし。

量は確かに多い。
だけど、量を感じさせない食べ心地で、最後までおいしくいただきました。




今までマーロウでは、幾多の限定もの・季節もの・創作ものを試してきました。どれも、素材の味をまんま活かしながらも、ちゃんと「マーロウだなあ…」と感じられる仕事がしてあって、素晴らしかったです。

お抹茶、チョコレート、黒蜜きなこ、カボチャ…ある意味「定番」だけど、仕上げ方が秀逸なんですな。それは、定番ではない素材でも同じです。そのうえ、やりすぎ感とか、ドヤ感がない。加減がちょうどいいんでしょうね。
素朴で丁寧な手作りの味がちゃんとします。

なんだろうなあ。
いろんな素材を使っていても、「マーロウのプリン」という一貫性を感じるのです。
ここはぜひ、共鳴したいところ。


いろいろ食べてきましたけど、結局私は、シンプルなカスタードプリンが私は一番好き。
やっぱりここに戻ってしまうんです。

マーロウが長く愛されているゆえんは、ここにあるんじゃないかなあ。
ずっと変わらずにおいしいスタンダードな商品があるって、すごいことです。

20年、30年愛されるお店って、結局、「ちゃんとおいしい」。
飲食店はやはり、ゆるぎない基本価値で勝負するお仕事なんでしょうね。




さて。
マーロウは、平日・休日問わず、たくさんの人が訪れる人気店です。
当然、観光客もたくさんいらっしゃいます。

なんですが、個人的には、んなことお構いなしに行きたいと思える、珍しいお店です。
「並んでまで行くか。混んでるところに、わざわざ乗り込まないよ。」が、ふだんの私の心情ですから(笑)

味はもちろん、ホスピタリティの点でも、とても信頼しています。
ええ、夫とリピートしているので、間違いない(笑)


決して、激烈感動ものの接客ってわけじゃないんです。
ただ、当たり前のことを、フツーに気持ちよくやってくださる、それだけです。
しかも、やり過ぎ感が全くなく、とても自然なの。
何度行っても、いつ行っても、気持ちよく過ごせます。

こうした店に触れるたび、「基本価値大事っ!」って実感します。
いくらおいしくても、最低限の接客ができていないと、いずれお客さまは離れていきます。

(最低限をどこまでとするか、は、おいしさのレベルにもよります。
頭抜けておいしければ、接客での価値は、ぶっとんでしまうしね)


観光客や一見さん、ちゃんとした商売を知らない若い人ならいいかもしれませんが、彼らだけを相手にして、長い期間商売するのは難しい。はい、結局、当たり前のことをちゃんとすることが大切。


…書きながら、自分自身を振り返っています(^_^;)


今回の遠足も、いい時間になりました。
神さま自販機のおかげで、海が見える一等席だったしね。ひひ。



大好きなマーロウ秋谷本店、ひとつだけ難を言うなら、駐車場です。
狭い・停めにくい・混んでる…の三拍子(笑)

本店の駐車場は、店舗隣の第一駐車場、それより150メートルほど葉山寄りの第二駐車場の二か所です。

第一駐車場は割と急な斜面にあり、どの場所も、バックで斜面を登って停めなければなりません。そのうえ、決して広くない。難易度、相当高いです。

また、第一駐車場に停められず、そのまま横須賀方面へ走っていった場合、Uターンして戻ってくるのが大変です。この辺りは2車線道路ですが道幅が狭く、車を切り返せる路地やスペースがほとんどありません。


最初から、第二駐車場を狙う、という方法もあるのですが、こちらも結構厄介。
ものすごい急坂を登った先にあるのです、駐車場が。

道路からは見えない場所なので、登ってみないと停められるかどうかがわかりません。しかも満車だった場合は、急坂・急カーブをバックで戻ることになります。坂の途中に切り返しスペースがあるので、そこで車の向きを変え、公道に出ることはできます。

小型車であればさほど問題ないかもしれません。
ミニバンサイズは…少々工夫が必要かな。

救いの手として、第一駐車場と第二駐車場の間に、有料駐車場があります。葉山方面からだと、入り口がすごい鋭角ですけど、駐車スペースは広いです。


これねー。毎回別の意味で根性が試されます。

いつものように、神さま自販機にお願いするんですけど、ビビってしまって結果をなかなか信頼できない。第二駐車場とか、有料駐車場につい停めちゃうんです。

で、そこから歩いて店舗に向かうと、お店の横の、比較的停めやすいスペースがちゃんと空いている。

神さま自販機を信頼して、最初から「一番いいとこ」を狙いに行けばいいのにね。毎回、試されています(笑)




ちなみに、マーロウのカフェは秋谷本店以外に、2軒あります。いずれも葉山です。ちょっと面白い場所にありますけど、土日はどちらも混んでいます。

売店は、逗子駅前と、横浜そごうにあります。
ネット販売もやってるよ。

プリンもおいしいけど、パウンドケーキも、なかなかやるんですよ。私は大好き。たまにプレゼントに使います。

どのケーキも、滋味あふれる、しっかりとした味。食べてみると、良質の材料をふんだんに使っていることがわかります。
ここにもまた、ちゃんと「マーロウの仕事」が表現されているんですよね。


マーロウのホームページ、再掲しときます。
MARLOWE



…なんだか、グルメブログみたいになってますね。
食べログに書けばいいのか?
まあ、そこはいいや。

次回は、遠足レポおまけ。
延々とこれを書いてみて気づいたことなどをシェアしたいと思います。
ええ、うちのブログらしい内容になってます。

引き続き、おつきあい下さると嬉しいです。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 価値を表現する仕事
遠足レポ おまけ(1): 過去はすべて幸せな夢に変わる | 遠足レポ: 自然食とプリン-王道を楽しむ一日。(前編)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。