FC2ブログ

やらないことを決めるから、仕事に個性が出る(1)


2015/09/27
20150927a.jpg
▼心の足腰を鍛えるコソ練メルマガ。ご登録はこちら。

朝、目が覚めたら、今回のタイトルが頭に浮かびました。
たぶん、「これを書きますよ」というご案内ですな。

ってことで、久々、真理さんと一緒に話を進めます。(→真理さんって?



真理さん
ここでいう「やらないこと」とは、「自分にはこれができません」と公に認めたこと、を指します。

能力・スキルとして、できない、というわけではありませんよ。
あなたたちの多くは、「能力・スキルとしてはできるけど、本当はやりたくないこと」を抱えているでしょ?


なおちん
げ。(笑)

真理さん
本当はしたくもないことをできるようになるために、本当にしたいことをせずに頑張ってきたのですから、あなたたちの根性は見上げたものです。

なおちん
…笑うしかないね(笑)

真理さん
話を戻しますよ。

「自分にはこれができません」と公に認めるのは、本当にしたいことだけを自分にさせる、と宣言することに等しい。

この言葉が意味する範囲、わかりますね?


なおちん
うん。広さ・深さともに、とてつもなく大きい部分を言ってるね。

お金をはじめ、その他の理由のために、本当はしたくないけどやっていたこと。
他に方法を知らないから、といって、本当はしたくないけど(以下略)。
こっちのほうが、認められるから、といって(以下略)。

ほかにもいろんなパターンがあるだろうけど、それらをまるっと「自分にはできません」と言ってやめるんだね。

ああ…。

「やりません」じゃなく「できません」と、ハッキリ言うのが大切なんだ。


真理さん
はい、そこが一番大切。

「やりません」には、「本当はできるけど」という言外の意味が隠れています。
いろんな意味で「本当はできる」と思うと、実はやりたくないときでも、その気持ちを裏切ってやってしまったりするでしょ?

本当は嫌なのに。



なおちん
うっわー。これ、めっちゃ心当たりあるよ。
相当痛い(笑)


真理さん
「できません」には、「何があってもやらない」という決意がこもります。
あなたがその決意を、心からの力を込めて世に放つとき、誰もあなたに、「あなたができないこと」を強いることはできません。たとえ、あなた自身であってもね。



なおちん
…そうだね。

真理さん
(^-^)

なおちん
今までの対話と、今日の記事のタイトル「やらないことを決めるから、仕事に個性が出る」のつながりに考えを巡らせていたけれど…すぐつながったわ(笑)

これ、私がわざわざ説明しなくてもいいね?
きっと、伝わる人には伝わるね。

その人に一番いい形で伝わるし、その人に一番しっくりくる事例で伝わるね。


真理さん
はい。(^-^)
ですからあなたは、わざわざ自分の思考をこねくり回して「伝える」ための言葉を補わなくてもいいのですよ。

なおちん
!!!!


この話、ちょっと長くなりそうなんで記事を分けます。
続きは、こちらです。
→やらないことを決めるから、仕事に個性が出る(2) 2015.9.29
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ やらないことを決めるから、仕事に個性が出る
2015/09/28 今週の【裏】メッセージ | 多くの仕事は、バントとヒットの積み重ね

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。