FC2ブログ

やらないことを決めるから、仕事に個性が出る(2)


2015/09/29
20150928b.jpg
▼心の足腰を鍛えるコソ練メルマガ。ご登録はこちら。

前回の続きです
→やらないことを決めるから、仕事に個性が出る(1)2015.09.27

今日は真理さんの解説から始めます。


真理さん
「できないこと」とは、「やらないこと」ではない。
前回はそうお伝えしましたね。

あなたもうっすら感じた通り、心のどこかで

自分のことをもっと認めてもらいたい。
自分の力を、もっとひけらかしたい。

といった思いがあると、「本当はやりたくないのに割と上手にできること」を止める気になれないんです。


こうした思いそのものが悪いわけではないんですよ。
自分のしたことで誰かに認めらもらうのは、とても嬉しいし、それが次への活力につながります。あなたたちの世界でいう「仕事」は、認めてもらうこと・支持してもらうことを楽しむゲームですから、そこを否定してはいけません。


ここ、すごーーーーく重要なんですよ。
もう一度言います。

あなたたちの世界でいう「仕事」は、認めてもらうこと・支持してもらうことを楽しむゲーム。
「仕事」のそうした側面から目をそらしてはいけません。


なおちん
あれ、ちょっと待って。

以前真理さんは、
仕事とは、自分の喜ぶことで誰かに喜んでもらい、豊かさを回していくこと
って教えてくれたよね?

ってきゃあああああ!!!!(*≧▽≦*)


真理さん
はい、その通り。
誰かに喜んでもらうには、そもそも、あなたが「喜んでやったこと」の価値を認めてもらわないといけない。わかってもらわないといけません。

これ、わかりますね?


なおちん
はい。
自分が喜ぶことをする、それに集中するのは全く構わない。
ただ、「仕事」として「自分が喜ぶこと」で喜びを分かち合いたいのなら、相手にも目を向けないとね。


いくら自分が楽しくて、それを喜んでやっていても、それが相手に伝わっていないと意味がない。
どう伝えるか、やり方はいろいろあるけれど、少なくとも「仕事」でそれをするのなら、伝える活動はしないと。


昔、起業家のプレゼン大会を応援していたころ、オリジナルのプレゼンテキストを作ったことがあるの。そこに自分で書いた言葉が、蘇ってきたよ。

理解なきところに、共感はない。

どんなレベルであれ、それが何であるのか?がわからなければ、人の感情って動かないんだよ。情報として理解したからといって感情が動くかどうかは別の話だけど、理解してもらわないことには始まらない。

これはビジネス・事業の情報発信に限らず、日ごろのコミュニケーションでも言えることだよね。

その人がホントは何を言いたいのかわからなったり、話の内容そのものが理解できなかったりすると、頭の中が???でいっぱいになって、心の動きは止まってしまう。いくら熱心に訴えても、伝えたい事柄が情報として理解されなければ、人の心が動くことはないんだよね。



伝え方は、時と場合、目的・状況によっていろいろあるから、また別の話。
ただ、伝え方以前に、情報として内容が伝わる、というのは大前提。
特にそれが、仕事の話であるならば。

うーん。

「好きなことを仕事に」とか、「自分が喜ぶことだけをする」といった言葉を表層だけでとらえると、とんでもない勘違いになるねえ(笑)


真理さん
はい、その通り。だから、最初の話に戻るんです。

あなたたちの世界でいう「仕事」は、認めてもらうこと・支持してもらうことを楽しむゲーム。
この側面を忘れると、話がおかしくなりますよ。


それが何であれ、あなたのしたことが、誰かの心を動かし「これ、いいね」という思いがわく。それが、あなたたちの世界の「仕事」なんです。認めてくれる誰か、喜んでくれる誰かがいないと、「仕事」というゲームは成り立ちません。

以前あなたにお伝えした、仕事の定義、

仕事とは、自分の喜ぶことで誰かに喜んでもらい、豊かさを回していくこと

と、今までの話が矛盾しないことは、これでわかりましたね?


なおちん
うん、よくわかった。

真理さん
はい、じゃ続きは次の授業で(^-^)

なおちん
…授業なんだ(笑)

真理さん
授業でっす♪



情報として理解されることが大事、と言いつつ、自分としては相当中途半端なところで、対話を終えました。

正直なところ、上記の対話で伝わるのかな?、という思いもあります。
一方で、「ああ、なるほどね(以上終了~)」ではなく、「これはどういうことだろう?」という小さな興味を分かち合いたいな、とも思っています。


人は言葉のレベルでわかった気になると、それ以上の興味を失います。結果、体験として真の理解が起こる機会が見送られます。

こうしたことが理解できるようになったのは、間違いなく『奇跡のコース』のおかげです。コースは、そう簡単にわかった気にさせてくれませんから(笑)


私自身も、今回の対話を何度か咀嚼したら、いろいろ確認できたところがありました。そうやって咀嚼できるところが、対話やストーリーの良さだと思います。←これも伝え方のひとつ。

この授業?、もう少し続きます。
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ やらないことを決めるから、仕事に個性が出る
時が経てば、ともに同じテーマを学んでいた仲間だった、とわかります。 | 2015/09/28 今週の【裏】メッセージ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。