FC2ブログ

大切なのは、それを信頼すること。


2016/02/23

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ


少々お休みしましたが、2/6(土)に開催したイベント、「愛用品の声で聴く2016年のテーマ」の振り返りと覚書、まだまだ続いています。

前回の記事はこちら。
→「その人がやっている」というくくりで、十分しぼられています。 2016/02/18

一連の記事はこちら。
2016/2/17から連日更新しています。
→「本当にやりたいこと」へ続く道 記事一覧


では、今日のお話を。


前回は、「何をしているか?」ではなく、哲学と世界観、ストーリーで、自分のビジネスに一貫性と統一性をもたせよう、という話でした。

これは、ずいぶん前から、いろんな人に伝えている考え方なのです。他人に言っていることがブーメランのように自分に返ってきていますな。それもまた、いつものこと。
今ちょうど、そういう時期なんでしょうね。

今日は、哲学・世界観・ストーリーという視点で自分の活動をふり返ったとき、一見統一性のない活動に、一貫した世界観が見えた、というプロセスをシェアします。ある意味、事例発表なので、仕事の本質を掘り下げたい方、仕事の世界観を作りたい方には、参考にしていただけることと思います。

今日はいつもより長いので、お時間のあるときに(^-^)




私はヒーラーですから、過去を癒す(=元通りにする・本来の状態に戻す)メソッドはいくつか持っていますし、必要に応じてそれを使います。

ただし、ヒーラーとしての私の仕事は「心を正気に戻すこと」なので、過去の癒しはそれ自体が目的ではなく、心を正気に戻す手段のひとつ、と捉えています。
#詳しいことは、この記事に書いています。
→なぜ「ヒーラー」と名乗るのか。2015/01/30


私がこれからご一緒しようと意図しているのは、仕事・ビジネスの世界で生きる人たち、仕事・ビジネスを通じて究極の自分らしさを分かち合おう、と意図している人たちです。ちなみに、私のいう仕事・ビジネスの本質は「神の仕事」です。この世界で一般的に定義されている仕事・ビジネスと完全に一致するとは限りません。(その話は、いずれまた。)


これから出会うであろう、そんなみなさんに思いをはせたとき、過去にとらわれず、今この瞬間から新しい一歩を踏み出す手法として一番有効なのが、実は、愛用品からの手紙形見からの手紙なのかもしれない、と考えるに至りました。

今までの実績から考察すると、

・お仕事でなにかしらの道具を使う人
・家族をはじめ、人間関係に関わる仕事に携わっている人
・「生まれ育った環境のなかで受け取ったもの」が今の仕事・ビジネスに影響している人


には、効果てきめんです。


愛用品からの手紙と、形見からの手紙は、半ばノリで始めたサービスで、私自身が楽しいから、という理由で続けてきました。こんなに楽しいのに?、思いもよらない奇跡が生まれる、大好きな活動です。

一方で、いろいろなコンサルタントや、見識のある方たちの意見を聞くたび、やめるほうがいいのかな?、自分の本業とは別のサービスとして切り分けた方がいいのかな?と悩むポイントでもありました。


しかしここにきて、自分の仕事の世界観のなかで、独自の位置づけと意図が見えてきた気がするのです。自分のなかで、明確に統合された感じ、というのかな。なによりこの、「腑に落ち感」が大事。




愛用品からの手紙形見からの手紙は、「モノが語る」という設定で展開する、極上のファンタジーだと私は思っています。

実際ね、生物も静物もエネルギーでできていますから、ヒトのリーディングも、動物や植物、静物のリーディングも本質的には同じです。

ただね、この手の話になると、そもそもエネルギーって何なのさ?という議論にもなりがちです。モノがしゃべるってどうなのよ、って話にもなりますよね。個人的には、その議論をする気はありません。まあ、このブログをご覧になっている時点で、そうした議論を吹っかけてくる人は、いないでしょうけれど。


こうした議論はひとまず脇に置き、私は、極上のファンタジーを一緒に楽しめればいいかな、と思っています。

モノを介在させることで、ご本人や周囲の人、その関係を直接みるよりも、物事を俯瞰することができるんですよね。そのことで、起きていることをあるがままに見ることができ、心が正気に戻る、という仕組みです。
ええ、私がやることはみな、根本的に同じ。

愛用品からの手紙も、形見からの手紙も、「モノが語ったストーリー」を題材に、人間の本質・心の本質を象徴的に捉え、学べる点、軽やかに楽しく「過去のエネルギー」を解放していける点が気に入っています。

身近にあるものを通じて、哲学や世界観をストーリーで語れるところが、やっぱり好きなんです。





私が、結論を先延ばしにしつつも愛用品からの手紙や形見からの手紙を抱え続けていたように、深い理由はわからないけど、なぜか切り離せないもの、やめたくないものを抱えている方はいらっしゃるかと思います。

特にお仕事に関してそういうものがあると、折に触れ、手放してはどうか?、切り離してはどうか?というアドバイスを、内から外から耳にするかもしれません。


根強い怖れによって握りしめているものは、一度手放す方が楽になれるでしょう。一方で、やっぱり好き!という気持ちで抱えているものは、自分にとっての重みづけ・位置づけが明確に自覚できるまで、そっとそばに置いておくのも、ひとつの方法だと思います。
それらは機が熟せば、自然にあるべきところに落ち着きます。

大切なのは、それを信頼すること、自分であれこれいじくりまわさないことです。





今回は、私という題材を使って、世界観づくりの舞台裏をちらっとお見せしました。ちらっとだけね。
いろいろとヒントを仕込みながら書きましたので、どなたかの心にはヒットするかと思います。


実際に、「好きなこと」を「売れるサービス」として見せていくには、何段階かの作業が必要です。本質的に何をしているかと、どんな価値を提供しているかは違うし、その価値をどう伝えるか?もまた、別の問題です。

とはいえ、何よりも最初に、やっている本人が、どんな思いで、何を意図しているのか、そこにはどんな「その人らしさ」が反映されているのか、を明確に自覚することが大切です。それを自覚して、誰かに伝えることができれば、あとは、「売るため」にプロの手を借りることもできますから。



ちなみに私が一番得意とするのは、ご本人の自覚を創り出すまでのプロセスです。
一見まとまりのない数々のピースを、ご本人の哲学と世界観とストーリーという糸でつなぎ、その美しさにご本人が感動できるような輪に仕上げるのが好き。

ご本人がまず、自分の輪の素晴らしさに感動でき、それを信頼できれば、その輪を理解し、上手に広めてくれる人は必ず現れます。




春から始めるビジネス向け連続クラスでは、みなさんのプロセスに合わせて、このあたりもがっつりやっていきます。興味がおありの方は、メルマガに登録しておいてくださいませ。
▼週刊・心のコソ練 のご登録
▼心のコソ練で幸せに働く のご登録


今回テーマにしたサービスはこちらです↓。
あなたの気やエネルギーがこもったモノをリーディングすることで、お仕事やビジネス、ライフワークを後押しするヒントをお届けします。
→あなたの愛用品からの手紙 リターンズ!

故人が言えなかった思い、故人だけが知っているヒストリーを読み解くことで、家族関係と家系を癒し、あなたが過去や家にしばられない人生を選んでいくお手伝いをします。
→愛する人の形見からの手紙




「愛用品の声で聴く2016年のテーマ」の振り返りと気づきは、もう少し続きます。
過去の癒しから仕事に至るまで、けっこういろいろ書いちゃったんで、よかったらおつきあい下さいませ。

この記事の続きは、こちらのカテゴリで書いています。
2016/2/17以降に更新している記事がそれにあたります。
→「本当にやりたいこと」へと続く道 記事一覧
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 「本当にやりたいこと」へ続く道
平和とは目指すものではなく、いつでもずっとそこにあるものだ | 2016/2/22 今週の【裏】メッセージ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。