FC2ブログ

きょうだいが今、あなたの目にどう映っているかは関係ありません。


2016/02/25

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ


2/6(土)に開催したイベント、「愛用品の声で聴く2016年のテーマ」の振り返りと覚書、まだまだ続いています。

前回の記事はこちら。
→平和とは目指すものではなく、いつでもずっとそこにあるものだ。 2016/02/24

一連の記事はこちら。
2016/2/17から連日更新しています。
→「本当にやりたいこと」へ続く道 記事一覧


では、今日のお話を。


私のリーディングの特徴は、ストーリーと後効きです。
その場で聞いているときは大爆笑、後で振り返ると、思いもよらないことが受け取れる仕立てです。ストーリーに登場した題材ひとつひとつに、深い意味がこもっているんですよね。
私が狙ってるわけじゃないけど、一緒に楽しませてもらって嬉しい。


時間がかかるときは、数日、数週間、数か月経ってから、「あのときの話は、こういう意味だったのか!」と突然腑に落ちたりもします。これがまた、面白い。継続的にお会いする方たちとは、こうした気づきを分かち合うことで、お互いの学びを深めていけます。

今回もまさに、そんな感じです。
イベントから二十日余り経ってはじめて、腑に落ちていることばかりなのですから(笑)


私自身は、前回の記事で取り上げたストーリーのうち、以下の2点が後効きしています。
・頭のなかで夢想した「平和な世界」と、実際に体験したそれはまったく違った
・その体験がきっかけで、夢想のなかで生まれた願いや使命感が消え去り、自分本来のありようを思い出した


この2点のおかげで、数年にわたる疑問がすーーーっと消えていくのを感じています。




今日はちょっと時間がないので、ここから先は、真理さんと一緒にお届けします。時短執筆の必殺技なのだ♪

真理さん
(^-^)

なおちん
数年前、ドリプラ世界大会でドリメンやってた頃や、それ以降の活動を通して、経営者や起業家、前向きに生きる人たちから、夢や「やりたいこと」、ビジョンを聞かせてもらってきた。そうした活動のなかで、ずっと疑問に思っていたことがあったんだ。


壮大な夢や、すごいなあと思う夢、「たしかにそれが真っ当なありようだ」と感じられる夢の話を聞いているとき、思考では納得する一方、なーんかスッキリしない感覚を覚えることがあったんだだよ。
これは、今でもあるかなあ。
言い分はごもっとも!だけど、どこかモヤモヤっとすることが。


その夢にかける思いや使命感、責任感はよくわかる。一方で、どうも楽しくない。夢にかける「気」は伝わってくるけれど、それを語るご本人の「気」が感じられないというか。
ぶっちゃけ、その人そのものが全く見えてこないんだよ。

いやね、その人がなぜ、そうした夢を持つにいたったのか、その話にはとても納得できるよ。背景はよくわかる。でも、その人がもともと持っている生き生きとした感じとか、その人の存在そのものが、感じられないんだよ。
それがなんだか淋しかったんだ。


今回、みほさんのバイオリンをリーディングさせてもらって、ひとつわかったことがある。

悲しみや苦しみ、淋しさから生まれた「夢」や「やりたいこと」、そこにひもづく使命感や責任感、悲壮感は、その人本来の姿を不明瞭にするんだよ。『奇跡のコース』に書かれていることが、すごくリアルにわかった。

こうした「夢」や「やりたいこと」、使命感や責任感は、ときに他人の心を打つ。なんだかすごいエネルギーを感じるからさ。同じような悲しみや苦しみ、淋しさを共有している人の心はもう、いちころだ。

でもやっぱり、そこに、本人の姿は見えない。
そうした膨大なエネルギーに隠されて、わかりづらくなっているんだよね。
たぶん、ご本人も、使命感や責任感、悲壮感に飲み込まれて、それと一体となっている。

あーーー。
書きたいことはあるのに、言葉にできないんだよ。
昨日から、ずっとそう。
…助けて!


真理さん
(^-^)
あなたがずっと淋しかったのは、あなたがその人の本当の姿を見る、という意図を知らなかったからですよ。

なおちん
うお! あそっか!!!

真理さん
当時のあなたは、自我が語る「夢」と、本来のきょうだいが抱く「幸せな意図」の区別がついていなかった。だから、どちらを分かち合いたいのか、明確に意図できなかったのですよ。

とはいえ、あなたもきょうだいも、本来の姿から変わったことは一度もない。ゆえに、自我か語る「夢」は本物ではない、と心の底では分かっているし、そこで淋しさを感じることで「この状態は本当ではない」と察知した。


そこであなたは疑問を持った。
これは、どういうことなんだろう?って。


なおちん
その答えが、今になってようやく、明確な言葉になったんだね(^-^)

あーーーなんかスッキリした。
頭のなかで書こうとしていた内容とは全然違うけど、スッキリした。

…げ!私にも同じことが起こってるじゃないか!


真理さん
あなたが、きょうだいのなかに見た、悲しみ、苦しみ、さみしさ、そこから生まれた夢ややりたいこと、それにひもづく使命感・責任感は、すべて一時的なものであり、本物ではありません。

それは、わかりますね?

本物ではない、と見分けがつくようになったのですから、あなたにできることはただ一つ、本当の姿を見たい、と意図することだけです。きょうだいが今、あなたの目にどう映っているかは関係ありません。


なおちん
うわーーーー。やっぱり、それだけだよね。
結局、『奇跡のコース』に書かれていることを、まんま生きるんだよね。


真理さん
正気に戻りましたか?

なおちん
…はい、キッチリ(笑)



救うべき人など、最初からいない。
ただそれを思い出すだけ、なんですよね。

私たちはただ、自分が見たい世界を選べるだけです。
自分の世界で、誰かを「かわいそうな人」に仕立て上げたのなら、自分の見方を変えることでしか、その人を救うことはできません。
その誰かには、自分自身も含まれます。



あーあー。
こういうことがあると、『奇跡のコース』が人生のガイドブックであることがつくづくわかります。頼んでいるわけじゃないのに、手取り足取り導いてくれる。

…さっさと出かける用意をしよう。




こんなふうに導かれる人生に興味をお持ちの方は、来月一日クラスをやりますんで、ぜひに。
あと少しだけ、お席がございます。
→3/13開催『奇跡のコース』1日集中クラス



「愛用品の声で聴く2016年のテーマ」の振り返りと気づきは、もう少し続きます。
過去の癒しから仕事に至るまで、けっこういろいろ書いちゃったんで、よかったらおつきあい下さいませ。

この記事の続きは、こちらのカテゴリで書いています。
2016/2/17以降に更新している記事がそれにあたります。
→「本当にやりたいこと」へと続く道 記事一覧




いつでも。なんどでも。
あなたが大切に使っているモノは、あなたの変化をいち早く感じて、あなたへのヒントを届けてくれます。

→あなたの愛用品からの手紙 リターンズ!
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 「本当にやりたいこと」へ続く道
3月のメルマガ編集会議1: 無意識を意識化する | 平和とは目指すものではなく、いつでもずっとそこにあるものだ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。