FC2ブログ

与えたものを受け取るということ。


2016/04/18

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ


終日自宅にいられる日は、仕事をしつつ、『奇跡のコース』のデイリーワーク(学習書)に取り組んでいます。

何となくはじめて、今年で(たぶん)5周目になりますが、心を傾けた分だけ受け取っているのを感じています。そのたび、与えたものを受け取っている、と身をもって理解することができます。




一昨日・昨日はそれぞれ、連続クラスとその補講があり、今このタイミングで話ができることを存分に分かち合っていました。クラスの時間は、クラス生一人一人にとって最善なものを分かち合うことを意図しています。それは、私自身にとっても最善なものが分かち合われることでもあります。

どのクラスを開講しているときも、ただもう楽しいです。ものすごく深い話、大切な話をしているはずなのに、クラスが終わるときには、すべてが夢のように消え去っていくのが不思議。

それはまるで、虹色の綿菓子が口に入れた瞬間、消えていくのによく似ています。綿菓子の実体は消えてなくなるけれど、その余韻は確実にその場にいた全員の心に響き、それぞれの日常を変える礎となります。

連続クラスのいいところは、綿菓子の余韻で、その後の日常に何が起きたのか、次に会ったときに分かちあい、確認できるところです。そうすることで、日常の足元から、人生への信頼を確かなものにしていけます。




ふだんは、クラスで最善のことが起こるよう、自分の身体を使っていますので、その場で何を考え、何を話したのか、覚えていないことがほとんどです。ところが今週は、土曜日に開催した『奇跡のコース』の連続クラスのあと、自分のなかに、かすかな問いが残されているのを感じていました。

問いの実体と、その答えは、クラスが終わった後から、翌・日曜にかけて、少しずつ明確になってきました。週が空けて今朝、ようやく一連のプロセスが終わったようです。ようやく綿菓子が消えてなくなったよ。




自分に何が起きたのか。
そのなかで言葉にして分かち合えるものはあるのか。

そんな問いを心に抱いたまま、今朝、『奇跡のコース』のデイリーワークを始めたら、一瞬で心が明るく照らされるような言葉を目にし、一人瞳を熱くしました。


その一節を、ここでシェアしてみます。

------------------

我々は今日、安らぎを願おう、そしてこの世界の外観にすぎないことに動揺しない平穏も。夢と夢が衝突することで引き起こされるありとあらゆる混乱のさなかで、平安と静けさを願おう。危険と悲しみを見ているように思えるが、安全と幸せを願おう。そして、我々には自分たちの願いを自分たちの要求で叶える思いがある。

田中百合子氏訳『奇跡の道』 学習書 第百九課より

------------------



言葉にならなかった思いや意図が、こうも見事に言語化されて目の前に現れてくれる。

それがどんなに嬉しいことか、今日ほど実感できたことはありません。その嬉しさと喜びを胸に抱いて、いつものように、決められた時間を学習書に取り組むことに使いました。


そしたらね、その時間が終わった直後に、いろんな言葉やアイデアがするすると降りてきたんです。「言葉にして分かち合えるもの」が、ざざざっと現れた。それと、自分の仕事を通して、分かち合えることも。


もう一度、今日取り組む課題、学習書 第百九課に目を通したら、こんな言葉も書いてありました。

------------------

疲労しすぎて一人では進めないほど、疲れ果てたすべての心にとって、安らいでいさえすればいい時がすぐそこまできている。だからそうした心は小鳥がさえずりはじめるのを耳にし、小川がまた流れ出すのを目にし、希望がよみがえり元気を取り戻して、急に道のりが容易になったように思え、足取りも軽く歩んでいくだろう。

------------------


…ええまさに。
これ、ついさっき、自分に起こったことです(笑)


そしてまたもや、「自分が与えたものを受け取ることになる」というコースの教えが、身に染みるのでした。自分が使ったほんの数分が何倍にも拡張され、今の自分に受け取れる形となって返ってくる。

これは、実践してみてはじめてわかることです。やってみたからわかる、という喜びを知ることができて、嬉しい。




実際に試し、検証することで、私は『奇跡のコース』に書いてあることは、確かに真実を指示している、と確信できるようになりました。今は、それが本当に真実であることを、自分の日常を通して確認しようとしています。


ここまで書いてみて、今日の内容が、壮大な?前置きになっていることに気づきました。何の前置きかというと、先週末、『奇跡のコース』のクラスのあとで、こっそり居残り復習した、問いと答えを書くにあたっての前置き。

ふう。
これでひとつ、しかかり中の仕事が終わりそうだ。


続きは明日書きます。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 奇跡のコースを生きる
祈りとは(1) | だだ漏れで行こう

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。