FC2ブログ

一緒に仕上げていく感じが好き。


2016/07/05

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ



私の屋号には、「心をひとつに。思いをひとつに。」というキャッチフレーズをつけています。現在はメールの署名でしか表に出すことはありませんが、私のなかでは、「TEAM the specialist」というビジョンとともに、とても大切にしています。


「心をひとつに。思いをひとつに。」は、今までにやってきた仕事を通じて、自然と心に宿った言葉です。

前職のシステム屋も、現在のヒーラーも、見えないものを見える形で表現する仕事、それを誰かと一緒にやる仕事です。そういう意味では、私にとって本質的には同じ活動なんですよね。

そして、誰かと一緒に何かを生み出していくには、「心をひとつに。思いをひとつに。」という姿勢が大前提になるんです。あ、私の場合はね。




システム屋時代に心に宿った言葉ですが、今では人生のキャッチフレーズにもなっています。日常のどんな場面でも、心をひとつに、思いをひとつにすることはできるし、そのことで、自分が想像もしていなかったものが生み出されていくのを体験しています。

ま、例によって、大げさなことではないんですわ。

雰囲気のよいカフェでおいしいランチを食べる。

こうした体験のなかにも、「心をひとつに。思いをひとつに。」という言葉は生きていると思うんです。


ええ、また素敵カフェネタ、ランチネタですわ(笑)。
冒頭の写真は、今日行った葉山のオサレカフェで撮った一枚です。

ランチのメニューはこちら。
自家製コンビーフとキャベツのサンドイッチプレートです。
タコライスとどちらにするか悩んだ末にオーダーした一品です。


…近いうち、タコライスを攻めに行こう。




このところ、外出時のランチで、はじめてのお店に入る機会が続きました。日常の外出でのランチですし、大急ぎってほどではないけど、たっぷり時間があるわけでもありません。基本的には、さくっと食べて、一息ついて出るようなスピード感です。

そんなモードのときに「ちょうどいい」お店を何軒か見つけて、なんかとってもいい気分なんです。


でね。

自分にとって「ちょうどいい」お店や商品、サービスに出会うといつも、「心をひとつに。思いをひとつに。」という言葉が思い浮かんでくるんです。


私が「ちょうどいい」と感じるってことは、そのお店や商品、サービスに関わる人たちにとっても「ちょうどいい」んですよね、たぶん。

こんなふうに過ごしてほしい、
こんなふうに楽しんでほしい、
こんなふうに使ってほしい、

という思いと、

こんなふうに過ごしたかったんだ、
こう過ごせて楽しかった、
こんなふうに使えるものがほしかった、

という思いが、ひとつになっているわけですから。





いうなればこれは、お店や商品・サービスに関わる人たちと、私との共同創造ですわ。
お店や商品、サービスを介して、関わる人の気持ちがひとつになっている、そして、お互いにとって幸せな体験が生まれている、そんなふうに思うんです。


こうした体験は、関わる人全員の気持ちがひとつになってはじめて、生まれるものです。どちらかが一方的に思っていてもダメ。


つまり、お店や商品、サービスに関わる人が一方的に、楽しませよう・喜ばせようと思っても、受け取り手であるお客さんにまったくその気がなかったら、先ほどのような体験にはならないんですよね。

どんな立場で関わるにせよ、対等なスタンスで「一緒に楽しむ・一緒に受け取る」という思いがあるから、なんとも言えない、しみじみと嬉しい体験が生まれる気がするんです。とっても微細な感覚だから、うまいこと言葉にできないけれど。





今の私には、そういう体験が自分にとって「ちょうどいい」し、このうえなく快適です。お互いが対等であって、そこに、お金や商品・サービスの流れがあるだけ。それらの流れの向きによって、上下や優劣といった特別な関係性や重みづけがないのがいい。

自分がお客さんのときは、そのお店や商品・サービスを最後の仕上げるつもりで、一緒に参加するのがいいです。参加する、といっても、自分がお客さんのときは、ただ受け取る、楽しむだけだけどね、でも、一緒に仕上げていく感じが好き。

…根っからのプロジェクトワーカーかもしれない、自分(笑)


ちなみに。
お洋服を買いに行った際、かなりの確率で、お店の人から「楽しかったです」と言われることが、プチ自慢です(笑)。全然、楽しませようなんて思ってないんだけど…なんでそう言ってもらえるのかは、よくわからん。




お客さんとして心豊かな体験をすると、自然と自分の仕事にも目が向きますね。

『奇跡のコース』のなかに、「まずは受け取る」という言葉があるのですが、ここでもそうなんだな、と思ったりしています。


オチはないけど、今日はこの辺で。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 価値を表現する仕事
少なくとも一晩は、すべてをまるっと忘れて、こちらの判断を仰ぐこと。 | これで下半期も無問題だ。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。