FC2ブログ

何も知らないまま導いてもらって、そこでの体験を喜んで受け取るだけだ。


2016/08/20

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ


真理さん
はい、今日はこれ、書きとってください。
ようやくあなたが、こちらの仕事を手伝う気になったのですから。


なおちん
…お待たせいたしました(^_^;)


真理さん
ここひと月とか、この一週間とか。
直近の過去を振り返ることは自由ですが、そこでの反省が、今この瞬間にすべて生きるとは考えないように。

ここひと月や、この一週間の余波を、現在に及ぼしているのは誰でしょう?


なおちん
…他ならぬ、自分です…


真理さん
そ、あなたが、選んで、過去の蓄積を現在に映し出しているのですよ。


なおちん
はあぁぁぁぁぁ。
なんかもう言葉がなくなっちゃったよ。

-----
この対話を始める前に、私自身のことについて、相談をしたばかりだったのです。
自分が思っていたのとはまったく別の角度で、相談は終了。
今となっては、何をどう相談したのか、どう解決したのか、思い出すことすらできません。

そこでようやく、私の準備が整い、この記事を書いている(書かされている)次第です。
トホホ。
-----


真理さん
過去の蓄積を現在に映し出して生きたいのか、今この瞬間から、まるで今生まれたかのように過ごしたいのか、それを選べるのはあなただけです。


なおちん
今生まれたばかりの存在は、この世界のことを何ひとつわかってはいない。
だから、わかっている存在に聞くんだよね。

そのとき、どちらに聞くかが大切なんだ。
無意識のまま、過去の蓄積を頼るのか、本当にすべてを知っている存在に頼るのか。


うっわーーーー。
ここにも「学習」の落とし穴があるね。


たとえば、『奇跡のコース』を実践することで、なにがしかの洞察力が育ってきても、それを過去の蓄積に加えた途端、自分の人生の再放映になる。

コースで学習できることは、ひとつだけ。
自分でやるのを止めること。

学んで覚えて気づいた「自分」がやるんじゃなく、何も知らないまま導いてもらって、そこでの体験を喜んで受け取るだけだ。




真理さん
あなたが、過去に積み残した、受け取り損ねた、学び損ねた、と感じていることは、すべてこちらに渡してください。

くれぐれも、自力で復習したり、再履修したりしようとしないこと。

あなたは、過去の物差しや過去のツールを引きずって、現在を過ごす必要はありません。
しかし、あなたには、何が過去の物差しで何が過去のツールになったのか、判断すらできないのですよ。


なおちん
…ですよねー。
うっかり、自分で復習しようとしていました(笑)


真理さん
そうやって積み残しの復習や再履修をすることで、どんなにエネルギーの無駄遣いをしているか、よく実感してください。
はい、わかったら、別の仕事をしますよ。


なおちん
…ほい。




自我の発想からするとあり得ないことですが、自分が体験したことを腑に落とす作業すら、自分でやらなくていいんですよね。

自分の体験の意味づけを考えたり、そこで見つけたテーマへの対処を考えたりしなくてもしい。

ただ、「これを聖霊の目的に使ってください」と委ねるだけでいい。


委ねた結果は、それぞれが知覚できる形で戻ってきます。戻ってきたものが自然に腑に落ちて、はじめて学びは終了。そこですべてが、終了です。


これは、私自身も絶賛練習中です。
気がつくとつい、自分で咀嚼しようとするし、自分でどうこうすることに膨大なエネルギーを費やした挙句に、「そうだそうだ」と思い出します。

…やりがいがありますな。
…練習だ、練習!


お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 奇跡のコースを生きる
この思考は、自分を幸せにしてくれるのか? | 足るを知る。十分にある。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。