FC2ブログ

いつだって愛されてるのは自分のほう。


2017/01/27
favoritetreading2017.jpg
▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ
▼【限定4名】満月の個別遠隔ヒーリング2017年2月分


超~久しぶりに、バナーを作りました。
大昔、WEB制作の仕事に携わっていたころ以来だわ。

ちなみに、バナーとは…。
要は、このページの冒頭に表示している、画像のことです。

以前からずっと、イベントやメルマガのご案内がわかりづらいと感じていて、気にはなっていたのですが、目先の作業に追われ、手つかずのままになっていました。今さら、チクチク手作業をするのも、面倒くさいしねえ。
 
でも昨日、ふと思い立って、やってみたのです。
そしたら、楽しいこと!

元プロだと思うと、ちゃんと「今の」お作法に則っているんだろうかとか、ダサくないだろうかとか、いろいろ気になります。でーも、今はプロじゃないだから、知ったこっちゃありません♪

あーよくやった、自分。
やろう→やった→できた→花マルだ!!!

おっと話が長くなりました。




昨日は午後から、鎌倉事務所で作業をしていました。

辺りがすっかり暗くなったころ、ちょうど小腹が空いてきたので、気分転換を兼ねて駅前のスタバへ買い物に出かけました。ちなみに、このスタバは、鎌倉とうきゅうの隣にあるフツーのスタバです。地元感満載で、ものすごく落ち着きます。

フツーじゃないスタバは、駅の反対側、そちらはなかなかオサレです。


ホッカホカのティーラテとビスケットを手提げ袋に入れてもらい、ご機嫌で事務所に戻ってきたら、ちょうど、事務所を管理している不動産屋の方たちにお会いしました。事務所と同じ建屋に、不動産屋さんの店舗があるのです。お店の営業が終わって、お帰りになるタイミングだったようです。

遅ればせながら、「今年もよろしくお願いします…」とご挨拶をすると、契約の際、本当によくしてくださった年配の男性スタッフが「こんな時間まで仕事? 頑張るねえ!」と言ってくれました。

…なんかね。
その言葉とか、その笑顔が、妙に温かく感じられて。
思わず瞳がウルウルしてしまいました。

別に、辛くもないし、疲れてもいないけど、ただ嬉しくて、ウルウルしてしまいました。




事務所に戻り、スタバで温めてもらったビスケットをかじっていたら、いよいよ涙があふれてきました。

はじめてお部屋を見せてもらった日のこととか、お申し込みに行った日のこととか、契約した日のこととか、何かあるとすぐ、お店に顔を出して相談させてもらったこととか、入居した日にお花をもらったこととか、いろんなことを思い出して、涙が出てきました。
fc2blog_20161206072818991.jpg


ビジネス的にはまだまだ…な自分に、気持ちよくお部屋を貸してくださり、いつも温かく見守ってくれていることを思い出して、ますます泣けてきました。


まさかこんな今日が来るなんて。

また、そんな思いがわいてきて、ふとパソコンに目をやったら、表示されたままになっている、作りかけのバナーが目に入りました。そう、「愛用品の声で聴く 2017年のテーマ」のバナーです。

思えば去年、この企画を初めて鎌倉で開催したのが、転機になりました。




愛用品の声を聴いた人の人生には、ホントに奇跡が起こっちゃうんだよ。

私は家で、よくそんな話をします。
実際に体験してくださった方から、何度も話を聞いているし、定期的にお会いする人については、間近で変化を目撃しています。未だに理屈はわからないけれど、奇跡が起こることはもう、私のなかでは「確定事項」なんです。

愛のかたまりであるモノの声を持ち主にお伝えできるだけで、毎回、最高に楽しいし、モノからの感謝の気持ちを、モノに代わって言葉にするだけで、私の心はあふれ返るほど満たされてしまいます。


それだけでお腹いっぱい。もう十分だ。
そんなふうに思っていました。

モノと持ち主が織りなす奇跡のストーリーの一端を、第三者として見せてもらえるだけで、十分だ。
そんなふうにも思っていました。


…どうもその認識は違っていたみたいだ。

今までにお話ししてきたモノたちの思いや感謝は、第三者であるはずの私の人生にも、ちゃんと奇跡を起こしてくれていたんだ。

そう気づいてしまいました。


去年もし、鎌倉でこのイベントをやっていなければ、鎌倉で連続クラスを持とうなんて思えなかった。

鎌倉で連続クラスを持たなければ、鎌倉に事務所を構えようなんて思えなかった。

この物件を借りなければ、不動産屋さんから思いがけず温かい言葉をかけてもらって、涙することだってなかった。


今となっては、去年のあの日が転機だったとしか言いようがありません。まさか、私のほうがこんなに大きなギフトをもらっていたなんて。




そう気づいたら、今まで「対話」をさせてもらった、数々のモノたちとの思い出が、次々にフラッシュバックしてきました。
20120405a.jpg

持ち主の目として働き続ける眼鏡たち。
持ち主からこの上なく愛されているバイオリン。
持ち主のことが大好きなカメラたち。
持ち主への思いがたくさんこもった、指輪やネックレスたち。
持ち主の髪を美しく束ねるかんざし。
持ち主にほれ込んでいる手帳。

そのほかにも、スマホや大切な仕事道具、お財布、家!などなど。今まで他人事だった、「彼ら」の思いと感謝が、全部自分にも向けられていたんだと感じられて、たまらなくなりました。


次の瞬間、今年のお正月に引いたおみくじを思い出しました。


写真で見切れている願望の項目には、「自然に叶っているのに、気づかずにいる」と書かれています(;^_^A



そうなんだよな、いつだって、もらっているのは自分のほう。
愛されているのは、自分のほう。



何度も思い出しては涙して、それでも忘れてしまうことを、また思い出し、またポロポロと泣きました。

きっとまた忘れるだろうけど、書いておこう。

夫を迎えに行く時間を少しずらしてもらって、これを書きました。



自然に叶っている願い、いつの間にか起こっている奇跡は、自分一人では気づけないものなのかもしれません。自分一人では気づけないからこそ、縁ある人と一緒に気づき、受け取り、喜べるのだと思います。


「ふりかえったら、あの日が転機になっていた」

今年もまた、そんな場になるといいな。
はじめての方も、リピーターの方も、心から楽しめる最高の場に。




自分の心を調えるのに手間取って、お知らせが遅くなってしまったことに、少し葛藤を覚えていたけれど。おかげさまで、温かな信頼が戻ってきました。

…よっしゃ、今週末は、素敵なおやつの手配だ!!!
キーワードを書いてくださった方へのおみやげも、準備しないとね♪

いよいよ、本格的に楽しみになってきました。


…最後にもう一度、バナー表示してもいいっスか?
久しぶりにモノづくりをしたんで、やっぱり見てもらいたくて。
favoritetreading2017.jpg


毎度毎度、おつきあいいただき、ありがとうございます。
愛用品の声で聴く2017年のテーマ、ぜひぜひ、よろしくお願いします♪



お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 心が正気に戻るとき
人生は、回る寿司のごとく(1) 回転寿司屋と同じように、自分が住みたい世界も選ぶんだよな | 愛用品の声で聴く2017年のテーマ with 素敵なおやつ 【鎌倉】

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。