FC2ブログ

私が信じていることを真実と取り替えてほしい


2017/02/28

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ
▼【残1】満月の個別遠隔ヒーリング2017年2月分



まずはこの言葉を君自身のために受け取ってほしい。

君を傷つけることができるものはいない。
君自身だって、君を傷つけることはできない。

君自身を傷つけるという、その君だって、本当は存在していないのだから。

ただ君が、君自身を傷つける君や、君自身を傷つける誰か・何かが、本当に存在する、と信じただけ。


だから、もし君がこんなことを信じている、と気づいたり、その可能性を少しでも受け入れる気になったときには、声をかけてほしい。

私が信じていることを真実と取り替えてほしい、と。



ただ漠然と頼んでも、おそらく、君自身で納得できる洞察はやってこないだろう。
そんなときの君は、自分がどんな幻想を信じているのか、君自身で気づいていないのだから。

だから、ひとつずつ、注意深く心のなかを探してみてほしい。


誰に対して、どんな幻想を抱き、それを信じているのか。
どんな状況に対して、どんな解釈をし、それを信じているのか。

そして、自分はそれを信じ続けたいのか、冷静に判断してほしい。



幻想を真実だと信じ続けたままで、その幻想を、君の望む「真実」と取り替えてほしい、と願っても、君は苦しいままだよ。

君の苦しみの原因は、その幻想自体ではなく、その幻想を真実だと信じ続けていることなのだから。

君の苦しみは単に、「それ、ホントのことじゃないよ」と教えてくれているだけ。それ以上でも、それ以下でもないんだ。




これを書き、これを読んでいる君の心はもう、静まり返ってしまったようだね。
それで十分だよ。もうこの話はおしまいだ。

理由はわかるね。



「こういう人にはこの話、通じるかな?」という、こういう人も。
「この言い方だとわからない人がいるかも」という、その人も。
本当は存在していないのだから。


君の心から、質問したい気持ちがなくなれば、この世界からも質問したい気持ちが消える。


本当に存在しているのは、君だけなのだから。





今日予定していた仕事をする前に、自分の心を落ち着かせようとしたら、この言葉を「書かされ」ました。

自分の身体を使って言葉になろうとしているものを、言葉として生み出すことに集中しているうちに、私の心から、ほんのわずかな質問や、なぜ今これを書かされているのかという疑問も、消え去ってしまいました。

これを書くことによって、当初の意図、「自分の心を落ち着かせよう」という意図が果たされたのを感じています。




『奇跡のコース(A Course In Miracles)』のなかに、こんな一節があります。

---------

天国の使者たちを、この世界によって任命された者たちと区別できる主な違いが一つある。その使者たちが届ける伝言は、まずその人たち自身に宛てられている。そして、その伝言を自分自身のために受け入れることができるときにのみ、その伝言を自分以外の人にもたらせるようになるし、それが届けられることになっている人にことごとく渡せるようになる。地上での配達人と同様、その使者たちは自分の携えている伝言を書いたのではないが、その人たちは本当の意味でその伝言を最初に受け取ることになるわけで、与えるための準備をするのに受け取るのである。


地上での配達人は自分の預かった伝言をぜんぶ渡すことで役割を果す。
神の使者たちは神からの伝言を自分たち宛てだとして受け入れることで、自分の役を果し、その伝言を他の人に与えることで、それを理解したということを示す。その使者たちは神の権威で与えられたのではない役割を選んだりはしない。だから、その使者たちには人に与える伝言の一つひとつから得るものがある。



(田中百合子さん訳 『奇跡の道』 学習書 第百五十四課より引用

---------


この一節は、私がリーディングやヒーリングの仕事をするうえで、大切な指針になっています。もっというと、この一節を知らなかったら、そもそも、この仕事をしようなんて、思えなかったかもしれません。





耳にする言葉は、それが誰に向けられているように見えようとも、実はすべて自分に向けられている。

そう思えるからこそ、その言葉を生み出すきっかけをくれた人に、心から感謝できるし、その言葉をともに分かち合って受け取れる喜びがあります。


お金の流れ・役割の向きから見れば、ヒーラーとゲストという関係だけど、本質的には、同じテーマをわかちあうきょうだい。出会う人たちとそうやって関わることが好きで、いつもいつも、そこに戻ってくるんだった。




今日もまた、書くことで自分の原点を思い出させてもらえました。
なぜこれを書かされたのか、何層にもわたる謎が解けて、続きを書きたい気がしていますけど、それはまた、いずれ。

おつきあいくださって、ありがとうございました♪
お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 思い・意図を語る
鎌倉のうまいもん、ばんざい。 | 今しか撮れない一枚を。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。