FC2ブログ

私は、人を通して神業が見たいのだ


2017/07/03

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ
▼【限定4名】満月の個別遠隔ヒーリング2017年7月


7月に入ったせいか、日差しが、熱く強い夏色に感じられます。見るものすべてを、鮮やかに刺激的に演出するような、ギンギラな日差し。

窓から抜ける風ではさすがに耐えられなくて、今シーズン初めて、エアコンをつけながら、事務所で作業をしています。事務所という空間とのつきあいは、恋人とのつきあいに似ています。初めて過ごす春、初めて過ごす夏…季節が変わるたび、「あ、そうなんだ」と思って理解したり、新しい発見があったり、互いに心地よい方へ歩み寄ったり、そんなところが似ているように思います。




2週間ほど前、オーダーしていた家具と飾り棚が納品されました。それを機に、事務所が断然過ごしやすくなり、なんだかやっと、「ホームな感じ」がしてきました。大物家具が入ったことで、空いている空間や部屋の雰囲気がより明確になり、ようやく、楽しい部屋にするための小物選びに着手しています。…うーーん、ここまで長かった。


部屋を作っていく作業は、今の家を買って以来、17年ぶりです。久しぶりで忘れていたけれど、買い物って、結構エネルギー使いますね(笑)。楽しみながら少しずつ…と思う反面、さっさと部屋を作って仕事に集中したい!という気持ちもあり、ときどき変な葛藤を感じます。とはいえ、完全に自分の好みで何かをそろえることができるのは、本当に楽しいです。


事務所づくりに関しては、縁あって出会った、スペシャリストなみなさんに、とても助けてもらっています。つくづく、その道のプロってすごいと思う。言葉にならない私の好みや、つたない言葉の行間を読み取って、「こういうのはいかがですか?」と提案してくれるのですから。システム屋時代はそうやって、相手が本当に望んでいるものを引き出す仕事をしていましたが、こうやって逆に、うまく引き出してもらえると、すごく感激します。

何よりね、素人である私が、プロの領域についてあれこれと考えなくていいのが楽。私は、最終的にどんなことがしたくて、どんなのが好きで…といった、私の領域に専念すればいいわけですし、それすら、一人でやる必要はありません。スペシャリストな方は、そのあたりも絶妙に引き出してくれます。ホントすごいし、ありがたいなあ…と思うんです。




冒頭の写真は、事務所で一番大きな観葉植物です。ネットで見つけた、大阪のお花屋さんにお世話になりました。

事務所での撮影会を企画した際、「ここに緑があったら、すごく素敵だ!!」と思いついてしまったのです。思いついたのは、撮影会の4日前(笑)。地元のリアル店舗を見て回ったけれど、ピンとくるものがなく、ネットを探しても納品には数日かかるお店ばかり。そんななか、お任せ商品であれば、即日発送してくれるお店を見つけました。

インテリアコーディネーターでもある店長さんが、こちらの意向をくみ取って仕上げてくれる商品だったのですが、とにかくすごかった。お花屋さんとしてのセンスはもちろんのこと、意向のくみ取り力と、くみ取った意向の表現力が半端なかったです。当然、仕事も早くて、丁寧! おそれいりました…





今事務所として使っているお部屋は、築28年のワンルームアパートです。外装・内装ともに、とても綺麗にリフォームされていて、古さと不便は感じませんが、唯一、フローリングだけは、時代を感じる代物なのです。不動産屋さんによると、同じ建材が用意できないので、床だけは張り替えられなかったとのこと。

初めて見たときは、床の迫力が半端なく、どうしようかな、という感じでした。ラグで隠す方法もありましたが、今回は、この古い床を活かして部屋を作っていくことを選びました。そう決めたことで、家具をオーダーすることも思いついたし、ステキな家具屋さんとも出会えたのですから、我ながら、なかなかの英断だったと思います。

テーブル・椅子・収納家具まですべてお世話になっている、ステキな家具屋さんには、床の件を伝え、「雑居ビルの4階をリフォームして作ったような、かっこいいカフェみたいな感じにしたい」と伝えました。

とはいえ、私はもともと、ナチュラルモダンな雰囲気が好きで、白か黒かだったら、間違いなく白を選ぶタイプです。ごちゃごちゃした感じより、すっきりした感じが好き。事務所で狙っている雰囲気と、もともとの自分の好みが、ちょっと違うような気がして、戸惑っていることも、伝えてみました。

私の作業部屋だけでなく、クラスやセッションをする部屋でもあるので、その要件も伝えつつ、私最強の得意技「結局は丸投げ」をやらかしたところ、私の想像を超えるデザインを提案してもらえました。このときばかりは、家具屋さんが聖霊に見えたよ~。

仕上がってきた家具も、本当に素敵で大満足、出社するたび、ニタニタと眺め、せっせと拭き掃除をしています。家具については、他にも話したいことがいろいろあるので、また別の機会に。




話がそれましたね。
観葉植物でお世話になった、お花屋さんの話に戻ります。

「雑居ビルの4階をリフォームして作ったような、かっこいいカフェみたいな感じにしたい」

このキーワードで丸投げしたら、家具もカーテンも想像以上に素敵なものがやってきたので、お花屋さんに対しても、同じように伝えてみました。植物は置く場所も大切ということで、日当たりや部屋の様子がわかる写真をメールで送り、お電話で相談すること30分弱。

電話を切ってから1時間ほどで、仕上がりイメージの写真が3パターン、メールで送られてきました。そのうちのひとつ、お花屋さんイチ押しのコが、今うちにおります。もうねー、写真を見たら「そうそう、これこれ!」としかいいようがなかったのです。

漠としたイメージはあるけど、全然表現できなかった姿が、プロの手によって形になって現れた。まさにそんな感じです。ホント、驚きました。

即日発送という無茶ぶりでしたが、在庫品の樹と鉢が、我が家の雰囲気と今回の要件にピッタリ合致するという奇跡で、無事納品。今では、大昔からこの部屋にいるような佇まいで、部屋を盛り上げてくれています。

あまりにも部屋になじんでいるものだから、毎月通っているクラスのみんなも、植物が増えていることに気づかなかったほど(笑)

スペシャリストの仕事には、本当に頭が下がります。




あれ?、本題を書く前に、相当な長文になっちゃいましたね。記事を分けるとするか。

家具をオーダーするときも、観葉植物をオーダーするときも、スペシャリストな職人さんと話をしながら一緒に何かを作っていくことが、最高に楽しかったのです。事務所づくりは私にとってプロジェクトワークそのものですから、こうしたスペシャリストたちとのセッションも、プロジェクトワークの一環だと感じています。

今回の件でもつくづく感じました。
私は、人を通して神業が見たいのだ、と。

この願いが叶っているからこそ、個性あふれるスペシャリストたちに出会えるのだろうなあ。


次回がいつになるか微妙ですけど、続きもまた書きます。また別の家具屋さんを見つけて、今、楽し気な椅子を作ってもらっているのです。その話を次回はぜひ。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 事務所を作る毎日。
2017.07.29(土)開催 まだまだ続く事務所飲み: 話すアホウに聞くアホウ(以下略)のお誘い | アホウなみなさま、ありがとうございました♪

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。