FC2ブログ

食わせるアホウをやらせてくれて、ありがとう。


2017/09/01

▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ

あっという間に9月ですね。
40代でいられるのも、あと1日半だ…。
口で言うほど何も感じていなかったけど、ここにきて、胸のあたりに言語化できない感覚がモヤモヤ・じわじわしています。

さて。
先週末、鎌倉の事務所で、毎月恒例となった事務所飲み(→お誘い記事はこちら。)を開催しました。

今回のテーマは、この夏の締めくくり。午前中のグループセッションと合わせて、ひと夏の経験を、しみじみふり返る場になりました。気がついたら、16:30に終わるはずが、19:00過ぎになっちゃった(笑)。5時間以上も飲んでたのか、私らは。

午前から通しで参加くださった方もいて、特濃な一日になりました。みなさま、本当にありがとうございました。



…お買い物も一緒に行ってくださって、ありがとうございます。みなさんをコキ使っておいて言うのもなんですが…買い出し、楽しかったです(笑)  

みんなで買い物に行って、その日の気分で食べたいものを買う。なんかいいんですよね、これが。結局、全部食べ切れなくて、お土産に持って帰ってもらうことになるんだけど、それもまたヨシ。

お土産用のオサレで丈夫な紙袋、ならびに保冷材は、各サイズ豊富にご用意しておりますから、ご安心を。

次回からは、買い出し隊向けの集合時間も作っちゃおうかな。わざわざ早めに来て、なおちんにコキ使われたい方はぜひどうぞ♪ 「ここかよ?! 」な、買い出しスポットにお連れします。ひひ。


参戦の機会を狙っている奇特なみなさまへのお知らせと備忘録をかねて、今回の目玉食材をご紹介します。当日、全然写真を撮らなかったので、みなさまにおかれましては、脳内イメージを存分に膨らませたうえで、お読みください。






料理の写真がホントなんもなかったので、翌日、余り物をささっと盛り付けて撮りました。事務所飲みの翌日は、お料理の残りが私の朝ごはんになります。

今回のお料理リストは、こんな感じ↓。
・夏野菜とお豆のトマト煮
・砕きナッツ入りカボチャサラダ
・シンプルなキャロットラペ
・きゅうりの浅漬け

その他、
・もはや定番・いろいろミニトマト5種
・尾島精肉店のハム3種
・肉の石川 爆弾メンチ・ヒレカツ・鶏のから揚げ

ナッツとかチーズもあったのですが、存在すら忘れてしまいました(笑)。みんな、ごめんよ。


個人的には今回、カボチャのサラダがよくできました♪
ミックスナッツをすり鉢で叩き潰してから入れたことで、面白い歯ごたえになったかな。カッテージチーズで、あっさり仕上げたのもよかったし(#^-^#)

カボチャは、今が旬の藤沢産・雪化粧カボチャを使いました。ホクホク加減がたまらんのですな。あまり甘くどくないのも、個人的には好みです。

…やっぱ、当日の写真、撮っておけばよかった。




ここからは、前日の買い出しで撮った写真を交えて、今回のトピックスをご紹介します。

8月に入ってから雨が続いたうえに、ちょうど収穫の端境期だったので、行きつけの野菜直売所には、めぼしい野菜があまりない状況でした。トマトに至っては、売り場自体がない。そもそも、入荷がなかったのかもしれません。


だが、もはや事務所飲み名物ともいうべき、ミニトマトがないのは、あまりにも寂しすぎる。…ということで、トマト農家の直売所まで、足を延ばしてみました。大きな直売所には入荷がない時期でも、農家に行くと、結構あったりするのですよ。しかも、いいものが買える場合が多い。


ちなみに、トマトの直売所はこんな感じです。
たいていは、ビニールハウスや作業場のそばに建ってます。ここはたぶん規模の大きい農家なので、直売所もきれいで立派な方です。




ビニールハウスが立ち並ぶ、狭い路地に建っているのですが、交通量が地味に多い! 農家の軽トラやフツーのトラック、直売所を訪れる乗用車が、ガンガン通ります。

この日はカメラ持ってなかったので、車の合間を縫って、iPhoneで慌てて撮影しました。


こちらが、売り場↓。


 
ふふ、予想的中!
選び放題・買い放題ですわ♪
ホント、農家の直売所ってテンション上がるわ~。

自宅用と合わせてトマトを買いまくり、ついでに、高糖度トマトジュースを買いました。イエローアイコというミニトマトから作ったジュースです。写真右下あたりに写ってる黄色いボトルがそれです。

このジュース、なかなかのインパクトでした。
不二家ネクターのトマト版、といった感じ。

ジュースというより、ピューレだな、あれは。
そのまま飲んでもいいけれど、お料理に使っても面白そう。





お次は、今回最大の目玉、梨です。
当日わかったのですが、今回の参加者は全員、梨好き。

もうねー、よっしゃー!って感じですわ。
そういう人たちに食べてもらいたかったんです。
いやあ、嬉しいっ!


行きつけの野菜直売所で、青梨の秀水・秋麗、二つの農家の幸水を買った後、行きつけの農家にも足を延ばしてみました。…ほんと、この分野に関しては、自分、変態だと思う(笑)。

藤沢市北部にある行きつけの農家では、ブルーベリーと梨・ぶどうが栽培されています。あいにくこの日は、梨が売り切れ、代わりに、半分あきらめていた、藤稔という大玉ぶどうが買えました。


この藤稔、神奈川県藤沢市で作出された品種なのですよ。ゴルフボールを思わせる大きくてまん丸な粒は、多汁でふるっふる、真夏に食べるからこそ、おいしい品種です。

例年は8月のお盆直後が一番おいしい時期ですが、気温が低かったせいか、8月下旬でも、いい状態の房を買うことができました。嬉しい!!


ちなみに、この記事の冒頭に掲載した、梨畑の写真は、一昨年、こちらの農家で撮らせてもらいました。食べごろまであと少し…って感じの幸水です。




まあねえ…。
この時点で3品種4農家、計20個の梨を買っていたわけですが、もう一声欲しい。

ってことで、藤沢を出て、寒川町にある農家の直売所まで、行ってみることにしました。寒川町って、あの寒川神社のあるとこね。

藤沢に大きな野菜直売所ができるまでは、自宅から小一時間かけて、寒川まで買い出しに来ていました。こちらの農家も、その際に見つけたところです。

最近は近所に大きな野菜直売所ができて、果物も買えてしまうので、寒川に遠征する機会がぐっと減りました。なんだかんだ言って、忙しくなっちゃったしね。


…でも、でも!!!
やっぱ、来てみるもんだよ、寒川!!!
行ってみるものだ、農家!!!





直売所には、超~定番の幸水に加え、この日が初収穫という豊水、そして初めて見る愛甘水が並んでいました。

幸水は安定のおいしさ、収穫終盤とあって、ちょっと柔らかいものの甘さは乗っています。愛甘水も、今が完熟、常温で放置すると、みるみる実が柔らかくなって、甘味がボケてしまうのだそうです。

豊水はこれから食べられるだろうということで、この日は、幸水と愛甘水を買って帰りました。


事務所飲みのときに食べた愛甘水は、昔ながらの甘い梨…という感じだったのですが、その後自宅で食べてみたら、ビックリするくらい甘い! ベッタベタに甘い!  

たぶん個体差なんでしょうね。とにかく甘い果物が好きな人には、たまらないと思います。




ということで、事務所飲み当日は、青梨の秀水・秋麗、赤梨の幸水・愛甘水を、コースのようにお出しして、お召し上がりいただきました。

一口に梨と言っても、品種によって、風味や舌ざわり、歯ごたえが全然違います。まさに、みんな違って、みんないい!!

今回は、ほのかにバラの香りがする秀水が好評でした。個人的には、秋麗ちゃんがお気に入りなのですが、今回は本領を発揮していなかったようです。…来年に期待だな。



みんなであーだこーだ言いながら、ひたすら梨を食べる時間が、最高に幸せでした。一品種ごと、水を飲んで口をリフレッシュしてから食べてくださった方もいて、嬉しかったなあ。

こういう方たちと、全身全霊で味わうことに集中できて、すんごい楽しかったです。これがやりたかったんだよね、私は。




事務所飲みの前後は地味に忙しく、ブログの更新もままならない状態でしたが、書いていたら、むくむくとテンションが上がってきました。

ええ、来月もやるぞ、事務所飲み♪
日程が決まったら、ブログやメルマガ、facebookでみなさんをお誘いします。

最後にもう一度。

私がやりたかったことを、やりたいようにやらせてくれて、本当にありがとうございました。
今月も、「食わせるアホウ」をやらせてもらって、最高に幸せでした。


お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 開催を終えて
あなたの新しい持ち場は、そこですよ。 | 養命酒からの100倍返し(その3)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。