FC2ブログ

感性は「機能」(4)


2018/05/16
DSC_0396.jpg
▼週イチで心を正気に戻すメルマガ。
▼平日は、コソ練で幸せに働くメルマガ



ひょんなことから、感性は「機能」というテーマで連載を始めました。
今までの記事はこちらです↓
→感性は「機能」(1) 2018/05/10
→感性は「機能」(2) 2018/05/11
→感性は「機能」(3) 2018/05/12

効く人にだけ効くコアな話も、今回で最終回です。では、はじめましょう。





真理さん
この話の最後に、一枚カードを引きましょう。
何でもいいから、手元のカードを引いてください(^-^)

なおちん
…じゃあ、最近マイブームの『奇跡のコース』のカードを…


-------------------

The Holy Sprit teaches that you always meet yourself, and the encounter is holy because you are.

あなたはいつも自分自身と遭遇するのであり、あなたは神聖なのだから、そうした出会いは神聖だと聖霊は教えている。


The opposite of joy is depression. When your learning promotes depression instead of joy, you cannot be listening to God's joyous Teacher and learning His lessons.

喜びの反対は憂うつな気持ち。
自分の学んでいることが喜びではなくて憂うつな気持ちを助長するなら、神の喜びに満つる御師に耳を傾けて、その教えを学んでいるはずがない。


※いずれも、Wisdom from A Course In Miracles 、訳は田中百合子さん

-------------------


なおちん
なんだか言葉がなくなってしまいました…


真理さん
いい傾向ですね(^-^)

言葉は、あなたの真なる理解の扉を叩く小石のようなものです。言葉自体には、何も意味がない。

あなたがその小石の音に気づくだけで、扉が勝手に開いて、言葉とは全く違う段階から理解が訪れます。

そうした理解を言葉にする必要すらないのですよ。

むろん、それを言葉にするのが楽しい、と思えれば別ですか。




なおちん
…だよね(^-^)


真理さん
あなたもうすうす感じている通り、この世界の進学・クラス替えは、着々と進んでいます。

あなたや、あなたの周りの人たちは、これまで以上に、自分にふさわしい出会いを体験することになるでしょう。


だからね。
自分がもう大学に進学しているのに、小学生のようにものを見聞きするのはおしまいです。



なおちん
あっちゃー。結局そこに戻るね(^-^)


真理さん
戻るところはそこしかありませんから。

さ、本当に最後の最後です。
つい先日、あなたがデイリーワーク(奇跡のコースの学習書)で目にした一節を引用して、幕引きにしましょう。


なおちん
あーーーーあれですね(^-^)


真理さん
あれです(^-^)


-------------------

我々は過去は済んだこととして、もう決して思い出さないことにする。

そして、今までとは違った現在に目を向けると、そこにはあらゆる点において過去とは少しも似ていない未来が見えだす。


※訳は田中百合子さん

-------------------


なおちん
…ですね(^-^)


真理さん
(^-^)




これこれこういう生き方をしてきた、こういう自分がいて、その自分が、未来を生きていく。

無意識でいるときの私たちは、当然のように、そう「思って」います。あまりにも当たり前過ぎて、そう「思って」いることにも、気がついていません。

…でもさ。

これこれこういう生き方をしてきた…ってのも、
こういう自分…ってのも、
他ならぬ自分の「思い」であって、真実とは限らないからさ。

真実どころか、ほとんどが勘違い。



自分についての勘違いに気づかないまま、勘違いに基づく未来を生きていくのは、あまりにももったいない。最近、つくづくそう思います。

とはいえ、かなりイタい勘違いでも、「それが私!(そういう自分が、実は好き)」とか思っちゃってると、そう簡単には見直す気になれないと思います。よくあるパターンではあるけれど。



私はもう、飽きちゃったな。
勘違いに基づく人生も、
勘違いを握りしめるのも。

他人の勘違いにつきあうのも、
勘違いを抱え続けたい人につきあうのも、
そういう人たちの面倒をみるのも。


この世では、根強く勘違いにつきあって、
何時間でも何十回でも同じ話を聞いてくれて、
ときには一緒に怒り、
ときには一緒に泣いてくれる人を
「優しい人」というのかもしれないけど。

だったら、私はイチ抜けた。
過去の再放送を延々と共有するだけの「優しい」関係は、もういいよ。

「優しい人」であった記憶もないが、そのくだりは卒業だ。

私は、人生の生放送を生きていく。




いやはや、新月の一斉エネルギーチューニング、こうきたかって感じです。

新月は、私もみなさんと一緒にチューニングを受けるので、心境の変化を新鮮に楽しめます^ ^


全4回の連載におつきあいいただき、ありがとうございました。
勘違いを笑い飛ばしながら、人生の生放送を生き続けるコソ練ジャーのみなさま、今後とも、よろしくお願いいたします!



お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 心が正気に戻るとき
みんなのコソ練日誌: 少なくとも私の羅針盤はきちんと進むべき方角を指していると確かめることができました。 | 感性は「機能」(3)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。