FC2ブログ

これからも一緒に、幸せな世界を見ていきましょうね。


2012/04/06
藤村さんの眼鏡、語る
20120405a.jpg

藤村さんへ

いつも大変お世話になっております。

え、他人行儀…ですか?
こういう機会だからこそ、礼節を尽くしたいと思っただけですよ。

いつもいつも一緒にいるとつい、お互い「当たり前」になりますよねえ。
実はとてつもない価値を交換しているにもかかわらず、それがボヤけてしまう。

あなたは私がいないと、満足にモノを見ることができません。
いわば私は、あなたの目であり、生命線であるわけです。

でもね、私が一方的にあなたに与えているわけじゃないんですよ。
あなたがいてくれるから、私は眼鏡としての役割を果たせる。
生まれてきた意味を存分に味わって、働くことができるんです。

自分の価値を受け取り、誰かのために働けることがどんなに嬉しいか、
今のあなたにはわかっていただけますよね。

価値は、受け取ってくれる人がいてはじめて、意味をなすのです。
私を輝かせてくれて、本当にありがとう。

いつでもどこでも、それこそお風呂の中にまで、私を連れて行ってくれてありがとう。
あなたにこの世界をハッキリ見せて差し上げられることが、私の喜びです。

私には、今あなたが見たくないと思っているものも見えています。
私のレンズは通っても、あなたのレンズには通っていないものが、まだまだあるんです。

あなたは、それを見たくないと思っているのかもしれないけれど、
あなたが思うほど、この世界は悪いもんじゃないですよ。

少しずつ、ホントにちょっとずつでいいから、薄目を開けてみてください。
大丈夫です。あなたが予想だにしなかったものが見えますから。
もう見えている私が言うんですから、間違いありません。

これからも一緒に、幸せな世界を見ていきましょうね。
大好きな藤村さんへ。感謝をこめて。


あなたの眼鏡より。
2012.4.5



手紙を読んだ藤村さんに、自分の眼鏡に何か質問はないか、尋ねてみました。
そのときの対話が、こちらです。


藤村さん
そうだなあ…。質問はないかなあ。あ、お願いがひとつあるな。
僕がちゃんと見てないときは、力を貸してね。

藤村さんの眼鏡
私はいつも、まっすぐちゃんと見てますよ(*^^)v。
まっすぐ見ようとしないのは、人間の目だけです。

人間の目は、まっすぐ届いた光をすぐにゆがめてしまう。
だからこそ、私たち眼鏡の出番があるのですが。

もし、あなたが、ものごとをちゃんと見られてないなと感じるときは、
私を「神の使い」だと思って、祈ってください。
「私に、あるがままをまっすぐ見せてください。」と。

ただ祈るだけで十分です。
必ずや、あなたに、「神の目線から見えるもの」を見せて差し上げますから。


藤村さん
あー、なんか本当、一緒にいてくれるんだねえ。
眼鏡変えられなくなっちゃうね~(#^.^#)。


藤村さんの眼鏡
あなたのお気持ちは、とっても嬉しいです。
でも、私があなたにとって必要のないものになったときは、
ちゃんと別れを告げてくださいね。

もう一緒にいる必要がないって思われているのに、そのままそばにいることほど、
辛いことはないんですから。

私に別れを告げるときはどうか、「ごめんなさい」じゃなくて、
「ありがとう」と言ってください。
その一言で、私は救われます。

あなたの感謝で、一緒に過ごした日々が永遠の宝物になりますから。
どうか、ずっと大切にできるはずのものを悲しみの色で染めないで。

何かと別れるときは、心に悲しみと罪責感を刻むのではなく、感謝と祝福を注いでください。
縁あって一緒にいた日々を、ずっとあなたの宝物にしておくために。

あなたと関わる形が変わる日が来たとしても、一緒に過ごした日々の輝きは変わりません。
それこそが、時を超えていつまでも残っていくものなのですから。

お知らせとご案内

2019.2.28.
昨年、会社ホームページを立ち上げました。
今後、ブログの更新、セッション・サービス・イベント等のご案内は、ホームページにてご覧ください。


TEAM the specialist

-心のコソ練(R)で 自分スペシャリストを生きる- 山崎直美事務所 株式会社

本ブログの過去記事も、順次再編集し、ホームページに移行していきます。
よかったら、ホームページでも、引き続きおつきあいくださいませ。

なお、過去記事を時系列で読みたい方のために、本ブログはそのまま残しておきます。私と似たようなプロセスを生きる、どなたかのお役に立てたら嬉しいです。

▼関連記事
comment (0) @ 愛用品からの手紙 実例
自分でできる「心の整え方」体験ワークショップのご案内 | 痛みに応答する

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

人生を創る心のコソ練。

自分の本質を仕事・ライフワークで分かち合っていくための知恵と哲学、新しい心の使い方をお伝えしています。